[レビュー]Windows8発売前にお得で高速ノートPCを準備!第3世代Corei7とSSD搭載モデルならマウスコンピューター

スポンサーリンク

Windows8の一般販売前の今がノートPCの買い時であることが知られていますが、誰しもハイスペックでコストパフォーマンスが優れているノートPC選びたいところ。その点でマウスコンピューターが一番お得だとおいうことが分かり早速購入してみました。さすがにSSDからのWindows起動は早いですね。

image

求めるスペック

最近までUltrabookの購入を考えましたが、価格は普通のノートpcに比べて、1.5倍近くは高くなります。ノートPCはもっぱら家の中だけで使用しますから、Ultrabookの必要性を感じず通常のノートPCで十分との結論にいたりました。

そこで、求められているスペックが問題です。PCの主な利用目的はブログの執筆程度です。ディスプレイはフルハイビジョンの動画を楽しむためのフルHD(1,920×1,080)対応ではなく、ワイド液晶(1,366×768)で十分です。ブルーレイも不要。しかしスピードは必要です。つまり

  1. CPU・・・corei7第3世代
  2. メモリ・・・8G以上
  3. ストレージ・・・SSD 256GB以上
  4. メディア・・・DVDドライブ

だけあれば十分でしょう。

スポンサーリンク

一番安かったマウスコンピューターのノートPC

そこで上記のスペックを満たしたノートPCのを価格比較サイトで調べた結果、Lenovo、ドスパラ 、Acer、HP、DELLではなく、マウスコンピューターの「LuvBook F シリーズ」(15.6型ワイド液晶)が一番安いということになり購入しました。

image

古いノートPCを下取りすると、3000円安くなります。しかし3年保証はつけたので、約9万5000円になりました。

SSDはオプションでADATAの256GBを選択しました。

起動の速さにびっくり

一週間後に待ちに待ったマウスコンピューターの新ノートPCが届きました。以下の写真のとおりですが、説明書、DVD、バッテリー、ACアダプターしか入っていません。

image

テンキー付きのキーボードです。日本語103キーボードです。

image

しっかり第三世代Corei7搭載です。

image

右側面には、USBポート2つ、DVDドライブ。右にはLANポート、USBポート2つ。正面には、SDカードポートです。

image

バッテリーは真後ろから差し込むようになっています。

image

しっかり3年保証を付けました。

image

付属品は、以下の通りです。

image

さて、起動ですが、たったの15秒でWindows7が起動しました。さすがにSSDでシステムを動かすとかなり早いですね。ディスクの転送速度は7.9をマークしていますが、体感速度はそれを上回っています。

image

以上のように、Windows8発売前に私がノートPCに求めるスペックを満たしたノートPCのうち、現時点で最安値はマウスコンピューターでした。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事