スマートウォッチ「G-SHOCK」(カシオ)はスマートフォンの着信・メール受信を教えてくれます!驚きの機能とは?

スポンサーリンク

急速に進化しているのは携帯やスマートフォンだけではありません!腕時計も急速に進歩しているようです。それはスマートウォッチとも言われている通信機能など多機能なウォッチなのです。

スマートフォンと無線通信できる新型の「Low Energy対応G-SHOCK」はでできることとは?

スマートウォッチの第一弾としてカシオは「G-SHOCK」(ジーショック)シリーズからスマートフォンと無線通信できる新型の「Low Energy対応G-SHOCK」の第一弾「GB-6900」を発売します。ではその驚きの機能とは?

2011年12月22日追記:震災やタイの洪水で発売が大きくずれこみましたが、CASIOは2012年3月16日を上記の「G-SHOCK GB-6900」の発売日と発表しました。CASIO

Bluetooth(R) Low Energy Wireless Technology

次世代Bluetooth通信機能を備えた新型ジーショック ちょっと長ったらしい無線通信規格ですが、とにかく短距離通信の無線規格であるBluetoothの一種のようです。実はこれは、これからのスマートフォンに必ず付いてくる次世代無線規格だそうです。覚えておきたいですね。

その次世代無線通信「Bluetooth Low Energy」を内蔵したのが今回新たにカシオが発売する、「Low Energy対応G-SHOCK GB-6900」でスマートフォンと通信できるようになっています。では何が一体できるの?

「Low Energy対応G-SHOCK」

  • スマートフォンの時刻情報を受信して補正・・・
    スマートフォンに限らず携帯は、電波で常に正確な時刻になるように補正していますが、「Low Energy対応G-SHOCK」ではその正確な時刻情報を受信して補正するのです。(電波時計と同じほど正確になりそうです。)
  • スマートフォンの音声着信、メール受信、SNS着信を新型G-SHOCKが受信してバイブレーション機能で知らせる。・・・
    これはいいですね。カバンの中に入っているスマートフォンをマナーモードにしていればほとんど分かりませんから。腕時計がバイブレーションで教えてくれるのです。これが今回一番使えそうです。

他にも、ジーショックを軽く叩いてスマフォの着信音、バイブを無線で停止させることができたり、ジーショック側のボタン操作でスマートフォンのアラーム機能やバイブを遠隔操作出来そうです。

これからの腕時計は通信機能を備えた多機能な腕時計つまり「スマートウォッチ」になっていくそうです。その第一弾が今回カシオがスマートフォンと通信可能な「Low Energy対応G-SHOCK」を出すわけですね。個人的には着信を知らせてくれる機能は使えると思います。しかも電池交換は2年に一度でいいという「G-SHOCK」の省エネ機能は保持したままだそうです。詳しくはG-SHOCKGB-6900へ。