NECタブレット「Life Touch L(ライフタッチL)」とiPad第3世代を比較してみると軍配は?

スポンサーリンク

NECの新型タブレット端末「Life Touch L(ライフタッチL)」は、アップルのタブレット端末「iPad(アイパッド)」の日本における牙城をどこまで崩せるでしょうか?私は初めから無理だと思わずに、間もなく発売される「ライフタッチL」とiPad第3世代を比べてみました。

image

「Life Touch L(ライフタッチL)」

「Life Touch」(NEC)シリーズから個人・ビジネス向けのタブレット「Life Touch L(ライフタッチL)」が間もなくお目見えします。確かに高機能ですが、アップルのiPadなど、いまどきのハイスペックなタブレット端末からすれば、とりわけ目玉機能と言えるほどのものはありません。

image

強いて言えば、個人向け「ライフタッチL」にはAndroidアプリのダウンロードサイト「タブレットアプリファン」との連携、SNS系のアプリや動画サービス(Hulu、TSUYATA TV)対応の動画視聴アプリ、さらには実用的な家族向けアプリが以下のようにプリインストールアプリされて、すぐに利用できる仕様になっていることかも。

■ オフィススイート
■ 電子辞書(辞書の本棚 デ辞蔵)
■ レシピ(クックパッド)
■ 絵本(こえほん、ゆびさしキッズ)
■ 家族向けゲーム(最強の囲碁、金沢将棋レベル100、あたまのよくなるゲームランド)

さて、「ライフタッチL」の肝心なスペック面ですが、新型iPad(第3世代)と比較すると分かりやすいかも。

? 新型iPad(第3世代) Life Touch L(ライフタッチL)
サイズ 185.7(幅)×241.2(高さ)×9.4(奥行)mm 181×257×7.99mm
重さ Wi-Fiモデルは652g
Wi-Fi+4Gモデルが662g
540g
ディスプレイ 9.7インチ
2048×1536px
10.1インチ
1,280×800ドット
駆動系(CPU) デュアルコア
「A5X」
デュアルコアのOMAP 4460 HS(1.5GHz)
カメラ部 500万画素 500万画素のAF対応で、120万画素のインカメラも
ストレージ 16GB
32GB
64GB
内蔵ストレージ32Gバイト
microSDHCなどによって増設可能。
バッテリー 10時間 13時間(WEB閲覧時)
10時間(動画再生時)
価格 42800円~
73920円
32GBが約 5万円
16GBが約 4万円

言わずもがなですが、iPad第3世代のRetinaディスプレイのきめ細かさは定評があります。一方で「ライフタッチL」のカタログではその薄さと、高輝度・広視野角が強調されています。家族やお客さんなど数人で囲んでディスプレイを見ても、見やすいですよ!というわけですね。

image

日本語入力はディフォルトで、ATOK仕様で、QWERTYキー、手書き入力、フリック入力に最適化されています。

image

インターフェースは以下の通り

  • USB・・・Micro USB TypeAB × 1(クライアント機能、充電兼用)、USB Type A × 1(ホスト機能)音声入出力端子
  • 音声入出力端子・・・ヘッドフォンステレオ出力・マイク入力共用ミニジャック×1カード
  • スロット・・・microSD/microSDHCメモリーカード対応
  • HDMI・・・Micro HDMI (HDMI Type D)

上記のNEC「ライフタッチL」は法人向けのタブレット「ライフタッチ」シリーズに、個人や趣味で利用できるアプリなどを充実させて、個人向け仕様にしたもののようです。どこまで売り上げを伸ばし、iPadの日本市場に食い入るかは未知数ですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

関連記事
スポンサーリンク