「アイパッド エアー(iPad Air)」登場!64ビットモデルでより高性能に!発売日は11月1日にドコモなどから

スポンサーリンク

先ほどアップルのスペシャルイベントが終了!新製品が続々発表されました。その中で第五世代アイパッドが「アイパッド エアー(iPad Air)」という端末名で登場し会場を沸かせました。では「アイパッド エアー」のスペックと日本での発売日は?

「アイパッド エアー(iPad Air)」の外観

今回の第五世代アイパッドは、名称よりも iPhone 5s に搭載された指紋認証機能である「Touch ID」などの新機能が追加搭載されるか?という点が話題になっていました。

第三世代アイパッドから数字が付かなくなりただのアイパッドになっていたのですが、第五世代アイパッドは前モデルとは一線を画すモデルとでも主張するかのうように「アイパッド エアー」となったわけです。「エアー」と付けば「マックブック エアー(MacBook Air)」を思い出させますが、かなり手軽になったというイメージどおり、より薄く軽くなっています。しかも速く。

アイパッド エアー の画像

スペックの詳細ですが、特徴はiPhoneにも搭載されているA7チップ や、ベゼルが現行の代4世代より約43%細く、厚さは7.5mmで20%も薄くなった点でしょう。スピードは初代モデルの70倍以上となりました。まさに「エアー」が付くだけあります。

「アイパッド エアー」の性能は以下のとおり。カッコ()は前モデルの第4世代と比較したもの。

  • 本体・・・240mm、169.5mm 7.5mm(9.4mm)
  • 重さ・・・Wi-Fiモデル 469g (652g)、LTEモデル 478g (662g) 
  • ディスプレイ・・・9.7インチ  Retina 2,048 x 1,536 px (同じ)
  • CPU(チップ)・・・A7(A6X)
  • カメラ・・・前部 : Facetime 1.2メガピクセル、背部 : iSight 5メガピクセル(同じ)
  • ビデオ・・・1080p HDビデオ撮影可能
  • バッテリー・・・32.4Wh(最大10時間)
  • 価格とストレージ・・・16GBモデル:5万1800円、32GBモデル:6万1800円、64GBモデル:7万1800円、128GBモデル:8万1800円

気になる発売日は、11月1日です。日本では従来どおりソフトバンクやKDDIからだけでなく、NTTドコモからも発売される見通し。

他社製を含めた現行のタブレット端末を性能的に大きく引き離した「アイパッド エアー」ですが、依然として高額なのが気になりますね。私としては、「アイパッド ミニ」第二世代 Retinaモデルのほうに俄然興味があります。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事