[Google Chrome]WebページをPDFに変換できるツールが「印刷」機能の中にあったなんて!利用方法とは?

スポンサーリンク

WebページをPDF文書に変換してくれるフリーソフトやWebサービスはたくさんありますが、Googleの瞬足ブラウザChrome(クローム)のディフォルト機能「印刷」一つで済みそうです。

image


PDFに変換ツール

Webページを印刷して資料に使う時(非営業活動として)がありますが、メールに添付して送信する場合には、PDFに変換するほうがいいですね。

そこでWebページをPDFに変換する方法はたくさんあります。URLを指定してボタンを押すだけでPDF変換・ダウンロードできるWebサービス、もっと簡単ななFirefoxアドオンのやIEのアドオン、Chrome拡張(エクステンション)もあります。

しかし、かなり前からChromeの「印刷」機能の中に「PDF変換」があったようです。(恥ずかしながら知りませんでした。)

スポンサーリンク

DPFに変換する方法

手順としては以下の通りです。まずPDF文書に変換したいWebページを表示させます。右上の「オプション」(現在は3本線)をクリックし「印刷」を。

image

「印刷」の送信先を「変更」をクリックして、ローカルの宛先「PDFに保存」をクリック。

image

任意の場所にPDFファイルを保存します。

image

実際に開いてみます。

image

かなりきれいなPFD文書になりました。

image

以上がPDFに変換するChromeの「印刷」機能でした。最近はめったにPFDにお世話になることはありませんが、たまに必要になる時に便利です。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事