【技ありアイフォン】Googleリーダー無料アプリ「Byline」は完成度が高く一番使えそう!

スポンサーリンク

Googleリーダーを「アイフォン」(iOS)などでチェックするアプリは有料・無料を問わず沢山ありますが、完成度が高いと評判の「Byline」を使ってみました。かなりシンプルですし、キャッシュ機能がありLTE・3G・WiFiに未接続時に便利です。

image

Googleリーダー無料アプリ「Byline」

Googleリーダーでの情報収集はPCが一番ですが、外出中でのチェックは「アイフォン」などのスマートフォンでのチェックとなります。その際、Chromeなどのブラウザでも可能なのでが、読みやすさは専用アプリには及びません。そこでGoogleリーダー閲覧アプリを物色した結果、無料でも安定して使える「Byline」がかなり重宝しそうです。(無料版では宣伝が入りますが、あまり気になりません。)

ダウンロードは「Byline Free – Phantom Fish (無料)」からどうぞ。起動後には、Googleリーダーを利用しているアカウントを入力します。

image

ホームに「Byline」のアイコンが表示されていますが、早速「未読」のフィード数が表示されています。

image

「Byline」の使い方

「Byline」を起動すると、Googleリーダーの「フォルダ」が表示されます。

image

ちなみに「すべてのフォルダ」を表示してみます。(最下部に「キャッシュ」している様子が表示されています。このキャッシュでLTEや3G,Wifiにつながっていなくても、未読のフィードを読めるようになります。)

image

記事タイトルをタップして、各フィードを表示でき、右の [>]をタップすれば、全文表示されます。アンダーメニューで、[メモ登録]可能です。image

スワイプしながら、次から次へフィードを閲覧できます。

image

各フィード表示後のアンダーメニューから、ブラウザsafariで表示したり、メールでURLを送信したり、URLをコピーすることも可能です。ここからも、お気に入り(スター)を付けることもできます。

image

image

[既読、未読]の操作は[編集]をタップして、左のチェックを入れたり、外したりして可能です。

image

また、トップページから、[設定]も可能です。

image

キャッシュは時間のかかるので3Gではなく、[Wi-Fi接続時のみ]にするのもいいかもしれません。ちなみにキャッシュは、Webページ全体も可能です。他にも自分の好みに合わせて、様々な設定が可能です。

image

以上で、「アイフォン」(iOS)用のGoogleリーダー閲覧アプリ「Byline」の紹介でした。なお有料版である Byline – Phantom Fish は広告を非表示できます。

Byline - Phantom Fish

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事