【技ありiPhone】Safariのプライベートブラウズを「オン」にしていると自動入力が保存されない件!

スポンサーリンク

SafariでGoogleにログインする時に、毎回アカウントID(メール)とパスワードを入力するのが面倒だったので、自動記入を「オン」にしてSafariに記憶させようとしていたところ、できませんでした。どうやらプライベートブラウズ機能をいったん「オフ」にする必要があったようです。そこで、iPhoneのSafari(iOS6.1)で自動記入設定のおさらいを以下にメモします。

image

iPhoneのSafari経由でWebサービスにログインする場合は、セキュリティー上その都度IDやパスワードの手入力したほう良いですね。しかし強度の強いパスワードを設定している場合は覚えられず、メモを見ながらの入力は面倒になります。そのためにパスワード管理アプリ(たとえば、アカウントIDやパスワードを安全管理・自動ログインできる無料アプリ「ロボフォーム」あり。)を利用するのですが、こちらも面倒です。

そこで単純ながら、iPhoneのディフォルトブラウザであるSafariにログイン情報を記憶させて自動記入させる機能が思い付くわけです。(利用したいのはGoogleのWebサービスです。特にGoogleリーダーの閲覧は、専用アプリよりもSafariのWebアプリ表示が気に入っています。)

しかしこの機能(自動記入機能)をオンにして利用しようとしたのですが、これが一向にできない。

試しに以下のように「オン」にしていたSafariのプライベートブラウズを一旦「オフ」にしたら、自動記入が可能になりました。

image

image

上記のように設定した後、再びGoogleアカウントにログインすると、めでたく「パスワードを保存してもよろしいですか?」の表示が現れ無事に記憶してくれました。(右:GoogleリーダーのWebアプリはそこそこ快適ですよ。そこからGmailやカレンダーも確認できますから。)

image

ログアウト後に、再びログイン画面に戻って、IDを入力覧をタップすると、アンダーメニューに「自動記入」のボタンが表示されて、一発入力ができるようになります。

image

その後、プライベートブラウズ機能を「オン」にしても、しっかり自動記入ができるようになっています。(ただし、サイト情報は消去しないようにね。)

以上、iPhoneのSafariで自動入力を使えるようにする点で、私が手こずったところです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事