iOS 7の新機能「コントロールセンター」で何ができる?のまとめ

スポンサーリンク

深夜に米サンフランシスコで開催されたアップルのお祭り「WWDC2013」で明らかになったiOS 7の新機能「コントロールセンター」などで、iPhoneが使いやすくなると話題です。この新機能、どの画面からでも下から上へスワイプすれば呼びだせそうですよ。

image

iOS 6では上から下にスワイプすれば通知センターを呼び出せますが、iOS 7では「コントロールセンター」を、逆に下から上へスワイプすれば呼び出るようになるそうです。

画面を見れば、この機能で何を制御できるかは一目瞭然ですね。

上部では左から、機内モードWiFi、Bluetoothお休みモード画面回転ロックなどの切り替えを一発で行えます。

image

さらに、真ん中付近では、上から順に、画面明るさ調整音楽再生や音量コントローラーAirDropAirPlay、を操作できるようになります。(AirDropはiOS端末やMacなどAirDrop対応PCとの間で写真などのファイルを、WifiやBluetoothで簡単に転送できる新機能。ガラケーの赤外線機能のようなのも。)

image

最下部では、新機能の懐中電灯タイマー関係、電卓、カメラアプリなど使用頻度の高いアプリをすぐに呼び出せます。

image

以上がiOS 7の新機能「コントロールセンター」です。他にも、iOS 7では以下の変更点があるようです。

■ アプリのアイコンがべたっとフラットデザインへ。

■ 通知センターをロック画面から呼び出せる。

■ マルチタスクが、アイコン表示から、アプリ画面のサムネイル画像表示に変更。(駆動部のリソースを食いそうですが・・・。)
image

■ カメラで真四角フレームで撮影可能など、サードパーティーアプリ泣かせのフィルタ機能。

■ 写真を時間と場所でフォルダ分け。

■ 標準ブラウザ safari でタブを無限追加可能になったり、アドレスバーと検索窓の統一など。

■ 車載用「iOS in the Car」に、iOS端末のディスプレイが表示され、メール、通話、カーナビ機能を呼び出せるようです。外国企業だけでなく、ホンダや日産もサービス開始予定だそうです。(2014年)

上記のiOS7への公式アップデートは秋になるそうです。そのころには上記の「コントロールセンターなど」の新機能情報は忘却のかなたに埋没しているかも。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事