WordPress記事を直接編集できるプラグイン3選

スポンサーリンク

今日はWordPressで構築したブログ(サイト)の記事を管理画面に移動せずに、直接編集できるWordPressプラグイン3つを紹介します。私のような誤字脱字の多い”おっちょこちょいブロガー”にとっても重宝するプラグインたちです。

image

公開前に記事を読み直しても間違いに気づかず、コメントで誤字を指摘されることがめちゃ多い  @Ama119 です。基本的に記事は1度しか読み返しません。早く公開したいと気が焦る性分なんですね。

質の高いブログを書いているいる人気ブログの執筆者たちは公開前に記事を何度も読み返し、文法的に間違っていないか?意味が伝わるか?などを考慮しながら声を出しながらチェックしているそうですが、私にはそれがなかなかできないのです。それで案の定、公開後に誤字脱字を発見することがしばしばです。

そんな時に役立つのは、ブログ画面から直接記事を編集できるプラグインです。ログインしていれば、WordPressの管理画面に遷移しなくてもブログ上から直接編集できちゃんですね。それが可能なプラグインを3つ試してみましたので、以下の紹介します。

シンプルで使いやすい「WordPress Front-end Editor」

まず、誤字脱字をちゃちゃっと訂正するなら最後に紹介する有名プラグイン Front-end Editor より使いやすい  WordPress Front-end Editor がおススメですよ。

「WordPress Front-end Editor」をインストールして有効化すると、管理バー(Admin Bar)のペンのアイコンが表示された「投稿の編集」が現われます。これをクリックすれば、記事の任意の部分を編集し、下部の「更新」ボタンをクリックして即座に更新/公開できます。テキストを選択すれば主要な装飾タグ(強調、イタリック、打消し、リンク、引用、見出し)も挿入できます。

image

またカテゴリーも簡単に変更できるようになっています。

image

スポンサーリンク

画像や動画も挿入できるシンプルな「Direct Edit」

次に紹介するプラグイン「Direct Edit」は、以下のように編集用ツールバーが記事内にポップアップされて、直感的に編集することが可能です。

このプラグインの別の優れた点は、画像、ファイル、youtube動画を直接挿入できる点でしょう。更新と公開は管理バーの「Save page」からです。

image

万能編集プラグイン「 Front-end Editor 」

最後に紹介するのは、有名プラグイン Front-end Editor です。万能過ぎて怖いくらい、サイトの上から直接いろいろなフィールドを編集可能です。

編集したいところにマウスオバーすると「編集」ボタンが表示され、編集後は「保存・取消」をクリックして更新します。

image

ウィジェットも「編集」可能です。以下のように直接編集可能になります。

image

編集可能なフィールドは管理画面の「フロント・エディタ」プラグインの設定項目で選択します。

image

以上、管理画面に移動しなくても記事を編集できる3つのWordPressプラグインでした。個人的には誤字脱字をちゃちゃっと編集できる「WordPress Front-end Editor」がおススメですね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事