条件分岐タグでウィジェットを表示できるWordPressプラグイン「Widget Logic」

スポンサーリンク

条件分岐タグでウィジェットを表示Wordpressプラグイン「Widget Logic」は広告ウイジェットに使えますね。特定のエントリーだけ広告を表示させたい場合などに重宝しますね。

image

WordPressプラグイン「Widget Logic」

WordPressでブログを構築・運営している方は、AdSense広告など規約の厳しい広告を張りつけて、少なくともお小遣い程度の収益をあげて、サーバー代に充てている人も多いですね。(私もそうです。)

しかしあまり意味のないページに広告タグを張ると、コンテンツ不足などで規約に引っ掛かる恐れがあります。そこで特定のページにのみ広告を表示させたい場合、このWordpressプラグイン「Widget Logic(ウィジェット ロジック)」が役立ちそうです。

インストール

プラグインのインストールはいつものように、[プラグイン]⇒[新規追加]⇒[キーワード]に「Widget Logic」と入力して[プラグインの検索]⇒[いますぐインストール]⇒[今すぐインストールしてもいいですか]⇒[OK]。その後有効化します。

image

使い方

上記のように「Widget Logic」をインストールできれば、各ウイジェットの下に「Widget Logic」の欄が表示されます。そこに条件分岐タグを入力して利用できます。

以下の例、は右サイドバーにウィジェットとして挿入した広告ですが、[is_single()]という、『投稿記事のみ』という条件を命令するタグを挿入しています。

image

結果は、以下の通りで、左の「投稿記事」のサイドバーには広告が表示されていますが、右の「個別ページ」のサイドバーでは広告が非表示となっています。

image

他にも、固定ページIDが「23」という固定ページにのみ表示させたい場合は[is_page(’23′)]と、カテゴリーIDが「3」だけのカテゴリーページに表示させたい場合は、[is_category(’3′)]などと入力するればOKです。

利用できる条件分岐のタグに関しては、Widget Logic – かちびと.netさんのエントリーや、条件分岐タグ – WordPress Codex 日本語版で確認できます。

さて以前にこのブログで、条件によってウィジェットを表示・非表示できるプラグイン「Custom widgets」を紹介しました。こちらも良くできたプラグインですので、自分が使いやすいと感じるほうを利用したいと思います。します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

関連記事
スポンサーリンク