WordPressのテーマの不正コードを一発検出プラグイン「Theme Authenticity Checker (TAC)」

スポンサーリンク

WordPressの無料テーマの最大の問題はセキュリティーですね。マルウェアや不正なリンクが仕組まれているこがあります。そこでプラグイン「Theme Authenticity Checker (TAC)」の登場です。テーマの不正なコードやリンクを自動で検出してくれます。

image

Theme Authenticity Checker (TAC)

このブログは無料のWordpressテーマ「Suffusion」を利用しています。なぜ有料のテーマから無料のテーマにわざわざ変更したのかは、WPテーマ「Suffusion」(1) WordPressテーマ選びの最大のポイントはセキュリティー!で書きました。

しかし無料で怖いのは不正プログラムが仕組まれていたり、隠しテキスト、隠しリンクなどが巧妙に含まれているところです。公式Wordpress.comからダウンロードできるテーマもわずかながら不正なテーマがあると報告されています。

では果たして、今利用しているWordpressのテーマは大丈夫なのでしょうか?そこでプラグイン「Theme Authenticity Checker (TAC)」の登場です。このプラグインはテーマの不正なコードやリンクを一発で検出してくれるです。

インストール

いつものように、自分のWordpressの管理画面から、「プラグイン」⇒「新規追加」からキーワード「Theme Authenticity Checker (TAC)」を入力して検索。ヒットした「Theme Authenticity Checker (TAC)」を「今すぐインストール」へ。

image

「プラグインを有効化」します。

image

Theme Authenticity Checker (TAC)の設定

では早速インストールしているテーマの不正コードをチェックしてみます。まずダッシュボードのサイドバーから「外観」から「TAC」へ。

image

そすると自動で、テーマをチェックします。結果は以下の通りです。ほぼ安全です。テーマ「Suffusion」は「1 Static Link(s) Found…」という表示が確認できます。つまりリンクが仕組まれています。

image

「Details」をクリックすると、「Wordpress.com」へのリンクでした。試しに消してみると[Edit]をクリック。

image

管理画面からテーマは編集不可能になっています。

image

仕方なく、ファイルを直接編集します。リンクを消去しました。

image

もう一度、「Theme Authenticity Checker (TAC)」でチェックすると、以下のとおりリンクが消えました。

image

このプラグインで全てはチェックできなさそうですが、テーマを自動更新するごとに、このプラグインで検査してみたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事