Worpressのパフォーマンスを悪化させているプラグインを解析してくれるP3 (Plugin Performance Profiler)で発見した問題

スポンサーリンク

WordPressで運用しているこのブログのパフォーマンスが目立って悪いたので、パフォーマンスを悪化させているプラグインを解析・発見してくれる「P3 (Plugin Performance Profiler)」を使ってみました。その結果、以下のように「Facebook」プラグインが深刻な影響を与えていることが発覚しました。

image


「P3 (Plugin Performance Profiler)」

昨日以下のようにレンタルサーバーから「リソース制限発動の警告」メールが来ました。これまで一日1.5万PV程度では500番エラーはなかったのに。

image

2013年1月29日現時点で、WP高速化のための施策は、キャッシュ系プラグイン「W3」が主です。

ですから、現在考えれられるパフォーマンス低下の原因は、プラグインのどれかだと考えられます。そこで、Wordpressにインストールしているプラグインのパフォーマンスを解析してくれる「P3 (Plugin Performance Profiler)」を導入してスキャンしてみました。

まずインストールですが、以下のとおりです。「プラグイン」→「新規追加」→「キーワード」にP3で検索→「今すぐインストール」→「OK」。

image

「プラグインを有効化」

image

ではインストールした「P3 (Plugin Performance Profiler)」でパフォーマンスを低下させているプラグインを突き止めてみたいと思います。「ツール」→「P3 (Plugin Performance Profiler)」→「Start Scan」。(プラグイン38個はいくらなんでも入れすぎだろう!)

image

「Auto Scan」をクリック。

image

現在スキャン中。

image

解析が終了。[View Results]をクリック。

image

[Runtime By Plugin]をクリック。以下は以下のように判明。圧倒的にプラグイン「Facebook」が超足を引っ張っていることが判明しました。

image

他の解析結果は以下のとおりです。

image

image

image

image

image

プラグイン「Facebook」を停止・削除すると、パフォーマンスがかなり良くなりました。

image

便利そうだからと言って、やみくもにプラグインを導入すると、痛い目にあいます。なるべくプラグインを使わないことが一番いいようです。

以上がWordpressのパフォーマンスに影響を与えているプラグインを解析してくれるプラグイン「P3 (Plugin Performance Profiler)」の利用方法でした。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事