次のブログはWordPressより「Blogger(ブロガー)」と良いと思う理由とは?

スポンサーリンク

次回、新規にブログを立ち上げるなら、WordPressよりgoogleの「Blogger」がいいと思っていたが、やっぱりそうだったと思った理由とは。

image

無料

現在このブログはWordPressで管理しております。ですからレンタルサーバーを利用しているわけです。これまで急激なトラフィックの増加でリソース制限されたこともあって、月額1000円のエックスサーバーから月額2000円のX2サーバーを移行。月額1000円のエックスサーバーは予備として使っています。したがって毎月合計3000円も支払っていることになります。

それが無料になるなら素晴らしいですね。しかし無料のブログサービスは広告の問題やシステムの信頼性、カスタマイズのしやすさなどが問題になっています。

そこで以前から目を付けていたのが、Googleのブログシステム「Blogger」です。これなら、1)無料で(独自ドメイン取得料は必要)、2)容量もほぼ無制限、3)広告なし、4)急激なトラフィックにも耐えられ、5)独自ドメインで運用可能、6)セキュリティーの問題がほぼ皆無、などたくさんのメリットがありそうです。

上記のブログサービス「blogger」(ブロガー)のメリットを分かりやすく解説しているfuzimotoは参考になりまいた。その記事は「次のブログを運営するなら『blogger』だ!」と確信させてくれました。以下の点で私が共感した点を挙げます。

  1. すぐに始められる。
  2. 無料
  3. 広告が入らない。
  4. 転送量を気にする必要なし。

1.の「すぐに始められる」に関してはそこまでメリットを感じませんが、確かにレンタルサーバーを借りてブログシステムを導入するのは面倒で時間がかかります。MovableTypeやWordPressを使ってシステムそのものを楽しみたいと思っている人は別として、自分の関心のある記事を書いて多くの人に読んでもらいたいと思っているブロガーにとっては時間とお金の無駄ですね。

2.さすがに「無料」はいいですね。私は上記のようにレンタルサーバーだけでも月に3000円も支払っています。ドメイン代は一か月80円程度。Bloggerに移転すれば、毎月3000円が浮き、新聞購読料に当てることも可能です。

3.「広告が入らない」これもいいですね。目ざわりです。しかし「Blogger」なら広告が入らないどころこか、自分で広告(Adsense)を入れられお小遣い稼ぎができちゃうのです。image

4.「転送量を気にする必要なし」。Bloggerは快速です。これは私にとって、Bloggerが良いと思う最大の理由です。これまで何度となく「エラー500」表示で悩まされました。旬な話題の記事を書くとたまに急激なトラフィック増加でリソース制限を受けるのです。レンタルサーバーで本格的にブログを運営しようとしている人が一番うれしい悲鳴を上げると同時に、悔しい思いをする時でもあります。(リソース制限の対策方法はプラグイン「wp-super-cache」の記事をご覧ください。)

さららなるメリット

ほぼ無限の容量があります。ただし画像は800×800px以上のもの、動画は15分以上のものが合計1GB(Picasaウェブアルバムと共有)までは無料です。つまりそれより小さい画像や動画はいくらでもアップロードできるわけです。レンタルサーバーでWordpressを運用している限り、契約容量という壁が常に付きまといます。

さらにBloggerならWordpressでこのブログに施しているすべてのカスタマイズが可能ですし、オフラインで記事作成を可能にするWindows Live Writerも利用できます。

ブログのテーマのデザインも「Bloggerテンプレートデザイナー」というツールがあります。用意されているテーマの中には、有料で販売しているWordpressのテーマがBlogger用として無料で提供されいているようです。すごい!

image

さらに、セキュリティーの問題もあります。WordPressは多数のプラグインを利用したり、独自のテーマなどを利用します。ですから常に更新してゆかないと、セキュリティーの問題が発生しやすくなります。ほったらかしにすると致命的な問題が発生します。無料のテーマの中には、クローキングをしのばせているものもあります。確かにBloggerといえども完璧ということはありませんが、WordPressよりはかなり安全のようです。

さて、Bloggerで気になる機能を以下にリストアップ

  • アクセス制限を設定画面の「許可」タブから可能。
  • 標準のアクセス解析に加え、Google Analyticsのコード・ブロックを埋め込み可能。

以上がBloggerでブログを運営することのメリットですが、良いことばかりではないはずですね。以下のデメリット以外にもあれば教えてください。

  • アドセンスのアカウントが停止されたら、ブログを移行して再度アドセンスに挑戦しにくいかも。
  • WordPressのようなさまざまなプラグイン入れて楽しめない。

さて本格的にWordPressからBloggerに移転するのは簡単そうですが、最大の問題が記事のURLが変更になることです。これが解決されれば引っ越し間違いなしと思います。どなたか全エントリーのURLを変更せずに、WordPressからBloggerへ移転する方法をご存じでないでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

関連記事
スポンサーリンク

コメント

  1. chiko ryo より:

    URLを変えずに移転することはできません。独自ドメインで今までお使いになったドメインを使うことは可能です。しかし、Bloggerは投稿ページのディレクトリを自分で変更することはできないので、不可能だと思います。
    でも、こうすればURLが変わっても問題ないのではないでしょうか。
    1) .htaccessカスタム404エラーページを指定する。
    2) そのページには以下のphpを指定する。
    header(“Location:[新しいブログのアドレス]”);
    3) 最後にサーバー上のすべてのページを削除する

    仕組み: ユーザーがブログにアクセス→404エラー→Locationのヘッダーが届く→新しいブログにリダイレクト、といった具合です。

    こうすればクライアントの閲覧履歴にも残らずに推移ができます。前のブログのドメインの価値を引き継げます。
    ただ、旧来のサーバーを削除できないのが欠点ですが、それほど重い処理ではないので無料サーバーで大丈夫だと思います。
    アクセス過多で503エラーが発生することがありますので、その際にも上で紹介されたphpを実行させればいいと思います。

    お役に立てれば幸いです。