Googleロゴが「モビー ディック(白鯨)」に!不朽の冒険小説 出版107周年

スポンサーリンク

人気のフィギュアにもなっている不朽の名作「モビー ディック(白鯨)」(ハーマン・メルヴィル著)の出版107年周年を記念して、今日のGoogleロゴがモビー ディックとそれを追跡する捕鯨船になっています。日本では映画化されて「白鯨」というタイトルで知られています。

image

「モビー ディック」

「モビー ディック」とは白鯨つまりマッコウクジラの名前ですが、それが小説そのもののタイトルになっています。ストーリーはクジラに脚をもぎ取られた捕鯨船の船長「エイハブ」は復讐心に駆られて、様々な人種で構成される乗組員たちと数年にわたって「モビー ディック」を追いかけるというもの。

小説の最後は、復讐を誓った船長と一人の乗組員以外全員が船もろとも「モビー ディック」に海の海の藻屑とされてしまうという、悲しい結末になっているようです。

ちなみに、映画「エデンの東」のように、「モビー ディック」の登場人物の名前は、聖書中の登場人物の名前から取られたようです。作者はこの作品に様々な意味を込めて作り上げたようですね。image

この小説は幾度か映画化され、1956年の作品は「白鯨」として日本でも放映されたようです。

最近ではグレゴリー・ペックが出演して再度映画化[DVD] されていています。

Googleロゴは「モビー ディック」が白色で背景に溶け込んでおり、自分を追っている捕鯨船をあざ笑っているかのように見えます。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事