ナゾネックスは花粉症によく効いて副作用なしと評判です

スポンサーリンク

ナゾネックス(「鼻噴霧用ステロイド薬」)という点鼻薬を利用して1年以上になりアレルギー性鼻炎に悩まされなくなって久しくなります。実は花粉症対策の決定版として、今かなりの患者さんがこのナゾネックスで助かっているようなのです。

ナゾネックス(「鼻噴霧用ステロイド薬」)は花粉症に効果抜群


点鼻薬ナゾネックスで花粉症の対策を

この時期、多くの患者さんが花粉症に悩まされているようです。私の友人にもひどい人がいて、鼻づまりだけでなく、涙は腫れなどの目症状もひどくなっている人がいます。そうなると思考も働かず何事にも集中できなく辛そうです。

そんな時に、私は自分のウスダストで処方してもらった「ナゾネックス」が花粉症にも効くのではないかと調べてみると、花粉症にも効果てきめんであることが判明しました。モメタゾン:ナゾネックス

(ハウスダストで医者から処方していたステロイド系の点鼻薬「ナゾネネックス」を使った感想と副作用などは「快適!鼻噴霧用ステロイド薬「ナゾネックス」の使用感!副作用など使用のQ&Aについて」でレポートしています。)

花粉症があまりにもひどくレーザー治療までしても芳しくなかった患者さんが、ナゾネックスの利用を開始してから数日後、鼻づまりが劇的に改善し生活の質が各段に向上した事例など、花粉症が改善したという事例が多くネットで掲載されています。

2013-02-22_14h52_35

確かに花粉症による目の症状には効果が見られないという患者さんもいますが、鼻づまりだけでも効果があれば、まさに“救い”ではないでしょうか?

副作用が心配?

ナゾネックスの主成分がステロイド(副腎皮質ホルモン)剤と聞くと、副作用の怖さで敬遠したくなる患者さんも多いようです。しかし上記の記事でも書いたように、内服薬のように血流によって全身をめぐるようなことはないようです。副作用はほとんど見られないことで知られています。

利用法

ナゾネックスの利用法ですが、文字通り点鼻して薬剤を鼻腔に投与します。鼻にノズルを押し込み左右2回ずつ。一日2回が基本のようです。しかし、症状に合わせて左右1回ずつでもいいし、症状の出ない季節には自己判断で中断してもよいと主治医から言われました。(あくまでも私の場合ですから、かかりつけの医師の指示に従いましょう。)

価格

ナゾネックスを使い続けるとどれほどの費用がかかるのでしょうか?保険適用となり3割負担で一本700円程度でした。1日2回で左右2回ずつの噴霧(合計4回)の頻度で利用すると、1週間は持つようです。ですから一月は3000円程度です。

私の場合は、現在は朝に左右1回ずつのみですから、1か月に1本のみで700円となります。それでも効果を実感している状態ですから助かります。鼻息が荒くなくて済んでいるので近くの人に気を遣わなくていいのもGoodです。

しかし、花粉症に悩まされている方は私のマネをせずに、1日2回左右2回の噴霧が勧められると思います。

花粉症に悩む方でこの薬を利用していない人は、試しにかかりつけの医師にこの「ナゾネックス(鼻噴霧用ステロイド)」を処方してもらってはいかがでしょうか?眠くなることもありませんよ。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事