‘house’は動詞で「~を泊める、収容する」の意味ー天声人語で英語学習

スポンサーリンク

2011年8月16日の天声人語は、終戦記念日に行われる国の式典で、戦争体験者である年配者(elderly folk)の出席が激減しているという内容、戦争の悲惨さを忘れてはならないというコラムでした。

image

さて取り上げる英語の表現は、動詞の”house”です。

動詞としての’house’

天声人語に登場した動詞のhouseは動詞で使われることも多いようですね。「~を泊める、収容する」という基本的な意味があります。

用いられている英文は以下の通りです。

Chidorigafuchi National Cemetery, which houses the remains of Japan’s many unknown soldiers.

日本語は、「千鳥ケ淵戦没者墓苑」(千鳥ケ淵戦没者墓苑)となっていて、これを詳しくしたのが上記の英文になっているわけです。丁寧に英訳されています。直訳としては「身元不詳の日本兵の遺骨を収容(納骨)している国の千鳥ケ淵共同墓地」となります。

英語表現のまとめ

image

  • cemetery [ ‘seməˌteri ]共同墓地
  • house ~を泊める、収容する
  • remains (複数形で)残り、遺骨、遺跡
  • scorch ~を焦がす
  • In the scorching heat 炎天下の中
  • elderly folk 年配の人々、高齢者
  • conflict (武力による, 比較的長期にわたる)戦い, 戦闘
  • How time flies. 時は瞬く間に過ぎ去る。

image

  • slay [ slei ] (slew /slú:/; slain /sléɪn/)殺害する
  • officer 将校
  • make up 40 percent of~の4割を占める
  • less than ~に満たない

今日はここまで

スポンサーリンク

フォローする

関連記事