ロリポップでテーマ編集時に403エラーの解決策とは?WAFを一時的に無効に

スポンサーリンク

ロリポップのチカッパプランでWordPressのテーマ編集をしていると403エラーがでるんですね。その対処方法とは?ロリポップでファイアーウォールWAFをしているなんて知らんかった!

image

アフィリエイトサイトを構築すべく、ロリポップチカッパプランのWordPressをいじっておりました。WordPressはいいですね。ひまつぶしに!時間がもったいない!

本論に戻りますが、下の画像のように管理画面からテーマの編集を実施していたところ、上記のように403エラーがでました。アクセス権がありませんよとのこと。

image

ググってみると、ロリポップにはファイアーウォール機能(WAF設定)というものがありそれがテーマの編集を拒んでいたみたいです。

image

例のロリポップのWordPress不正改ざん事件に端を発し2013年9月27日から、全プランでWAF(SiteGuard Lite)が標準装備されていたんですね。しらんかった。第三者によるユーザーサイトの改ざん被害に関するご報告

正当な運営者がWordPressを正当な方法でカスタマイズできないのはちょっとあれですね。

文句を言っても仕方ないので、ロリポップの管理画面から「WAF設定」へゆき、

image

該当ドメインのWAF設定を無効にしました。

image

待つこと5~15分。やっとWordPresの管理画面からテーマの編集が可能になりました。

image

FFFTPでテーマをダウンロード編集したほうが速そうですね。しかし、他のプラグインの設定もできそうにないな・・・。

今回のWAF設定にやたらと詳しい解説や解決方法を提示しているのはこの記事です。

ロリポップ上のWordPressをWAFで防御する方法 | HASHコンサルティングオフィシャルブログ

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事