Twitter(ツイター)の新API「Web Intents」は簡単な方法でブログに設置!返信、お気に入り、リツイトー可能

スポンサーリンク

Twitter(ツイッター)から新API「Web Intents」が発表され、早速このブログの記事内に追加してみまいした。

このAPI「Web Intents」なら、リツイート(Retweet)だけでなく、返信(Retweet)や、お気に入り(Favorite)登録もTwitter(twitter.com)へ行くことなくことなく可能になります。

20110401161355

  • API「Web Intents」のとは?

API「Web Intents」?

この新APIはごちゃごちゃしたインストール型のアプリではなく、ブログパーツが必要でもありません。ド素人の私でも簡単に設置可能です。JavascriptやHTMLだけで、あとはスタイルシートを整えて見易くするだけです。Web Intents にあるように、新API「Web Intents」は以下の基本的なコードだけです。(tweet_idは違います)

20110401163748

たとえば記事の最後に

Twitter

返信⇒Reply RT⇒Retweet お気に入り登録⇒Favorite

などと入れられるようです。にシンプルで味気ないか?

この新しいTwitterAPIである「Web Intents」は、これから多くのサイトやブログで見かけるようになることは間違いなさそうです。Twitterのサイトに行く必要はないのですから。(今までもツイート程度ではわざわざ開いていなかったが。)Wordpressでも簡単に単一投稿テンプレートに入れられそうですし、じきに様々なソーシャルボタンと組み合わされてプラグインに組み込まれていきそうですね。ブログパーツも沢山出てきそうですよ。(詳しくはTwitterからWeb Intents発表)

しかしTwitterやフェイスブックを始め、ソーシャルサイトを組み合わされたツールが沢山あふれているので、どれを設置すればいいのか分からなくなってきますね。ますますブログが複雑にになりそうです。

すでにツイッターのブログパーツに登場していました。

image

スポンサーリンク

フォローする

関連記事