戦争ジャーナリストの山本美香さんがシリアで死亡!彼女の勇気あるジャーナリスト魂とは

スポンサーリンク

残念なニュースが今朝、NHKで報道されました。戦争ジャーナリストとしてしられる山本美香さんがシリアで取材中に、政府軍の民兵組織に殺害されたということです。では山本美香さんとはどんな記者だったのか?

image

山本美香さんの活躍

まず、山本美香さんの経歴ですが、1967年生まれ。都留文科大学卒業し、民間のメディア記者を経て、日本人女性として初めて9.11同時多発テロ以前のアフガニスタンを取材。テロ勃発後にも、現地にとどまり首都カブール制圧時にも取材を続行し、生々しい現状レポートを日本に届けました。またその後のイラク戦争でも、唯一の日本人女性ジャーナリストとして空爆されていた首都バグダッドで取材し有名になったようです。

山本美香さんは、今回の内戦で混乱しているシリアでもジャーナリストとして現地を取材していたようですが、残念なことに、シリア北部アレッポでの取材中に、戦闘に巻き込まれて政府側の民兵組織に殺害されたようです。傷を負った時に病院に搬送されたようですが、治療の甲斐なくそこで死亡が確認されたとのこと。時事ドットコム

その様子を映し出した動画が反政府組織側によってyoutubeにアップされていたようです。現在でもその動画が閲覧可能かどうかは定かではありませんが、私は視聴する気にはなりませんでした。

戦争ジャーナリストといえば「勇気と無謀は紙一重」の象徴とされる職業ですが、山本美香さんがしばらく前に、9.11関連でアフガニスタンやイラクの状況を現地で取材したレポート(以下の動画)を視聴した限りでは、彼女の行動には立派なジャーナリスト魂をうかがえます。

しかし亡くなった山本美香のご家族やご友人のことを考えると、いたたまれない気持ちになります。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事