ショートテールナースシャークが公開!アクアワールド水族館(茨城県)に行ってみよう!

スポンサーリンク

最近の水族館は珍しい生き物が目白押しです。茨城のアクアワールド水族館ではめったにお目にかかれない「ショートテールナースシャーク」というサメが公開されたようです。

image

ショートテールナースシャークとは?

茨城県のアクアワールド水族館は別名「サメ水族館」ともいえるほど、沢山のサメを飼育・公開しています。その種類は何と55種類。世界のサメに会えます。

そのサメ水族館に新たなサメが仲間入りしたようです。「ショートテールナースシャーク」です。

「ショートテールナースシャーク」は西インド洋で見られるようですが、アクアワールド水族館のサメもそこで捕獲されたもの。Yomiuri

同記事によれば、展示中のサメは体長約50cmでメス2匹、オス1匹、合計三匹です。どうやら「ショートテールナースシャーク」は小型のサメで、大人になってもせいぜい75cm程度ぐらいしか成長しなとのこと。

image

外見は、背びれが無いならナマズのような顔つきです。ひげを付ければ頭部はナマズと見まがうかも。ぱっと見、サンショウウオにも似ています。

珍獣ともいえるこのサメ「ショートテールナースシャーク」を一度拝んでみたい方は、茨城県大洗町のアクアワールド水族館へ行ってみることをおススメします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

関連記事
スポンサーリンク