Googleロゴがオリンピックを盛り上げている!本格的なSNSオリンピックの行方?

スポンサーリンク

久しぶりにGoogleロゴのエントリーです。今日つまり2012年7月27日に開会式を迎える2012年ロンドンオリンピックが始まります。その機運をも上げるべくGoogleは今日のロゴをオリンピック競技をあしらったデザインにしています。世界的にSNS(Twitter、フェイスブック)が普及した初のオリンピックはどれほど盛り上がるでしょうか?

image

このブログでは、Googleロゴのデザインが変更された時に、欠かさずそれに関するエントリーをアップしていたのですが、最近はご無沙汰していました。

しかし、日本サッカー女子、そして男子までも初戦を勝利で飾り好スタートを切ったことに気分を良くし、気分は一気にオリンピックモードになり、このエントリーを執筆しています。

Googleロゴのデザインは、5大陸の特徴的な肌の色の人々が、サッカー、体操、幅跳び、やり投げ、フェンシング、バスケットボール競技に参加しているシーンがモチーフになっています。まさに世界的な融和です。

さて、そのオリンピック仕様のロゴのリンクキーワードは「開会式」になっており、クリックすると、右側に日本時間で開催期間中の競技スケジュールを確認できるようになっています。

image

加えて、ロンドンオリンピック公式サイトhttp://www.london2012.com/が紹介されています。サイトトップは昨日のサッカー日本代表に“グラスゴーの奇跡”をもたらした大津祐樹選手のゴール直後のシーンが大きく映し出されていました。まさに感動的なシーンでした。彼は足に激痛を感じていたそうですが、そこは気合で乗り切ったようです。しかし永井選手が決めきれなかったことは、悔しくて仕方ありません。

image

今年の夏季オリンピックは30回目という節目になるだけあって、Googleも盛り上げてあげようと意気込みのようです。

このようなお祭り時は、TVにくぎづけになり、ネットといえば感動のシーンのツイートが盛りあがる程度と思います。しかしロンドンオリンピックはSNSが本格的に浸透した初のオリンピックになるということで、電脳空間のトラフィック状況は未知数のようです。

今日のGoogleロゴのオリンピックデザインは今日だけなのか、オリンピック中もずっと表示されるのかは数時間後に明らかになりそうです。しかし寝不足が続きそうだな~!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事