WordPressのブログ更新時にBufferに自動投稿してくれるプラグイン「WordPress to Buffer」

スポンサーリンク

指定した時間にTwitterやFacebookへ自動でツイートしてくれるBufferを連携しているプラグイン「WordPress to Buffer」を利用してみました。ブログをダッシュボードの投稿から更新するとタイトルとURLを自動でBufferへ予約投稿し、Bufferが指定した時間にシェアしてくれますよ。

image


「WordPress to Buffer」

Bufferを利用している方は、このプラグインによって手動で予約投稿する必要がないので、重宝するに違いありません。「ブログ更新しましたよ!」などの文字を自動挿入できないのは、残念ですが、自動というのはうれしいですね。(コード編集すればできますけど。)

インストール

プラグイン「WordPress to Buffer」のインストールはいつものように、ブログのダッシュボードのサイドバー「プラグイン」の「新規追加」から検索して行います。

設定

設定は「バッファ秒数」という変な日本語から行います。

image

まず、Bufferにプラグインをアプリとして登録し、Client IDやAccess tokenを入手する必要があります。以下のURL「creating an app」(緑)をクリックします。

image

Create an Appから適当にアプリの名前「Name」、説明「Description」を記入。「Website」にはブログのトップページを。注意点は、「Callback URL」には上記の赤で囲んだURL(プラグインの設置URLにあるphpファイル)を記入します。最後に「Create Application」をクリック。

image

メールに送信されてくる。Client IDを①に入れます。次に、your own access token her をクリックして、token を入手します。

image

以下のAccess token をコピーして、WordPressに戻り「設定」の②に記入して、保存します。

image

以下のようにBufferに登録しているSNSのアカウントを確認できます。自動投稿したいアカウントにチェックを入れておきます。

image

動作確認

ブログの記事投稿のサイドバーに「Add to Buffer」が見えるようになります。

image

ブログで記事を新たに更新すると以下のようにBufferに予約投稿されたことが分かります。

image

こんな感じです。

image

「WordPress to Buffer」をしばらく試しに使ってみたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事