Twitter一覧

ツイートをタイマーで自動削除する方法

ツイートを期間限定で公開できるWebサービス Delete it Later は便利そうです。タイマーで特定のツイートを自動削除できます。炎上ネタなどツイートしたい場合は便利かもしれません。設定方法はとても簡単です。FacebookとTwitterに対応しています。

話題のスマホを高額キャッシュバック付き一括0円で探す方法!専門用語を理解してTwitterで検索せよ

3月はスマホの新規契約のラッシュですが、それに劣らずキャッシュバック付き一括0円のMNPを利用したスマホの乗り換えが続いております。今日は高額キャッシュバックを実施中のショップを探す方法と、必ず理解しておきたい専門用語をまとめてみます。

WordPressプラグイン「Tweetily」で過去記事を完全自動でツイートすることに!日本語に対応の修正もOK

ブログの過去記事にもアクセスを流すために、大まかに指定した過去記事をランダムかつ自動で投稿してくれるWordPressプラグイン「Tweetily」を使い始めました。日本語の場合、タイトルが欠如するという欠点も完全に修正できました。いい感じです。

WordPressのブログ更新時にBufferに自動投稿してくれるプラグイン「WordPress to Buffer」

指定した時間にTwitterやFacebookへ自動でツイートしてくれるBufferを連携しているプラグイン「WordPress to Buffer」を利用してみました。ブログをダッシュボードの投稿から更新するとタイトルとURLを自動でBufferへ予約投稿し、Bufferが指定した時間にシェアしてくれますよ。

ブログPV微増計画!Buffer(バッファー)で予約ツイート始めましたのでその設定方法をメモ

有名ブロガーの”あの人もこの人”も過去記事を自動で予約ツイートしてくれるサービスBuffer(バッファー)を使っているとこのこと。このサービスは基本的にはTwitterやFacebookなどに自動で予約投稿できるのでTwitterのフォロワー増加を期待できそうです。無料版なら10個まで予約投稿を設定できます。ChromeやFirefoxの拡張からでも、Googleリーダーに代わるfeedlyからでもツイート予約できるところが気に入りました。早速以下に利用開始手順から予約方法までをメモします。

RSS衰退でもブログで生き残るためにSNSとの連携を強化するためのチェック項目と施策

Googleリーダー廃止の話題は、RSS衰退論やクラウドサービスに対する不信感にまで広がっています。そんな中、RSSに依存していきたブロガーたちは生き残りを図るべく策を講じる必要を感じているようです。今や情報収集ツールは、RSSリーダーからFacebookやTwitterなどのSNSにシフトする傾向が強まってくるという予測ですから、ブログとSNSとの連携を強化する必要がありそうですね。では、そのためのチェック項目とは?

超簡単設定!WordPressのプラグインJetpack「パブリサイズ共有」でTwitterやFacebookへ自動投稿する方法

思わず「あの苦労はなんだったのだろう!」と言わせるほど便利な機能を試してみました。Wordpressプラグイン「Jetpack」の新機能「パブリサイズ共有」機能です。細かな設定などのなしに、超簡単にブログの更新情報をFacebookやTwitterに自動投稿してくれるのです。「パブリサイズ共有」はヘッダーに「Open Graph Protocol(OGP)」情報もしっかり記述してくれます。ではその使い勝手と使い方とは?

スポンサーリンク