【Amazon Fireタブレット】SugarSync(シュガーシンク)でKFDの写真やスクリーンショット画像、動画などを、PCと自動で同期する方法

スポンサーリンク

今日は「Amazon Fireタブレット」内のフォルダ(写真、動画、音楽、ドキュメント)などをSugarSync(シュガーシンク)でPCのフォルダと自動で同期する方法を紹介します。

image

Dropboxほどではないかもしれませんが、オンラインストレージサービスとしてかなり使いやすいSugarSync(シュガーシンク)は5Gまで無料です。アプリをインストールしたり、使い方ガイドを読んで実行すれば、無料スペースをかなり増やせるようです。

そのSugarSyncを利用してKndle Fire HDのフォルダをPCのフォルダと同期を取ります。(できればDropboxを利用したいのですが、今のところ利用できませんでした。)

その前にその必要に迫られた経緯を紹介します。実は、Amazon Fireタブレットの使い勝手をこのブログのAmazon Fireタブレット で紹介しています。そのためにはスクリーンショットを撮って、そのファイルをPCへ移動しなければなりません。USB接続でファイルの移動はできるのですが、これを自動で行いたかったのです。iPhoneではスクリーンショットを撮れば数秒以内にiCloudのフォトストリーム機能でPCでも閲覧できるように、Amazon Fireタブレットで行いたかったのです。今のところAmazon Cloud Driveで不可能です。

image

「利用規約」に同意して、メールアドレス、ニックネーム(URLの一部になる)、パスワードを入力します。

image

アカウント作成後に、PCインストール型のクライアントソフト(ファイルマネージャ)をPCのOSに合わせてダウンロード・インストールしておきます。

image

インストール後に作成済みのアカウントでログインします。

image

次にAmazon Fire タブレットの「アプリ」で「SugarSync」(無料)を検索してインストールします。

image

PCで作成済みのアカウントでログインします。(アカウント作成から10分以上必要みたい。)

image

無料ストレージ量を増やすために、ゲーム形式で使い方を学べます。ここでは「いいえ」を。

image

ファイルからAmazon Fireタブレットをタップ。(すでにPCを認識しています。)

image

ここでは、Amazon Fire タブレットの画面をキャプチャした画像が保存されている「Pictures」内の「Screenshots」(スクリーンショット)のフォルダをPCに自動でアップロード(同期)したのいので、以下のようにしてみます。フォルダの選択はフォルダアイコンの長押しです。

image

ここで同期の確認です。「はい」を。(PC側の同期フォルダはユーザーの「ドキュメント」→「ブリーフケース」→「モバイルフォルダ(Mobile Folder)」となります。)

image

フォルダに以下のように同期マークが表示され設定完了です。

image

ここでPCにデータが送信されたかどうかを確認します。

PC内のSugarSyncアプリ(ファイルマネージャー)を再起動させます。通常はPC起動時にタスクバーに「葉っぱマーク」が現れますので、ここから起動します。

image

PC内の「マジック ブリーフケース」→「Mobile Folder」内にAmazon Fireタブレットの同期に指定したフォルダ「Screenshots」を見れるようになっています。

image

Windows のエクスプローラでもこのように。(場所は、ユーザーの「ドキュメント」→「マジック ブリーフケース」→「モバイルフォルダ(mobile folder)」です。

image

Amazon Fire タブレットのスクリーンショットを撮ったら、それをもとにすぐにブログ記事をかけるように、フォルダへのショットカットを作成しておきます。(少しでも楽に)

image

PCのフォルダをAmazon Fireのフォルダに同期する方法

最後に、PC内のフォルダを Fireタブレット上のフォルダと同期する方法です。音楽フォルダを例にしてみます。この方法で、PC上の音楽ファイルをこのフォルダに入れさえすれば、いつでも Fireタブレットでも聞けるようになります。

まず、PCのSugarSyncファイルマネージャを開きます。

image

サブメニューから「同期フォルダを追加」から同期したいフォルダを選択します。下の例は「お気に入りの音楽です。最後に忘れずに「フォルダを追加」をクリック。

image

次にファイルマネージャの左下「マイ SugarSync ウェブサイト」をクリック。

image

左サイドバーからPCを選択。Fireタブレット と同期したいフォルダ上にマウスを当てて表示される「メニュー」をクリックして、「モバイルデバイスに同期」をクリック。

image

同期されているか確認ですが、FireタブレットでアプリSugarSyncを起動して、「ファイル」からPCを選択。

image

お気に入り音楽がAmazon Fire上表示され今後このフォルダが同期されます。

image

クリックすると音楽ファイルが再生され、「ミュージック」からも聞けるようになります。

以上のような方法で、Fireタブレット内の「Movies」や「Documents」と、PC内の「マジックブリーフケース」などを同期させることが可能です。このようにすれば、PC側からも動画、ドキュメントファイル、音楽などをAmazon Fireへ速攻で投げ入れて、Fireタブレットを利用して寝っ転がって視聴できますね。

ただしSugarSync無料は5Gまですから注意が必要です。

以上が、FireタブレットのフォルダをPC内のフォルダと同期させるためのアプリ「SugarSync」利用方法でした。