WordPressプラグイン「WP Evernote Site Memory」の使い方。エバーノートのアフィリエイト設定方法とは?

スポンサーリンク

WordPressのサイトメモリー「Site Memory」ど導入して、ブログ記事のエントリーを簡単にクリップできるようになっています。Evernoteサイトメモリーで比較的簡単にできますね。WordPressのプラグイ「WP Evernote Site Memory」1の使い方

しかしWordPressのプラグイン「WP Evernote Site Memory」でインストールすだけで、「サイトメモリー」を記事下に”一発表示”できるようになりました。下記のような感じで。

エバーノートのクリップボタンを一発表示できるプラグイン

おまけにクリップボタンのカスタマイズやアフィリエイトコードの設定も簡単にできます。ではWordPressのプラグイン「WP Evernote Site Memory」の

  • インストールと有効化
  • カスタマイズと設定方法とは?
  • アフィリエイトコードの入手と設定とは?

インストール

このエバーノートのクリップボタンである「サイトメモリー」をWordPressで構築されたサイトやブログの各記事にインストールするだけで表示できるWPプラグイン「WP Evernote Site Memory」をひとまずダンロードしましょう。(WPのダッシュボード「プラグインのインストール」からの検索とダウンロードは現時点ではできません)。

まず WP Evernote Site Memory からダウンロードします。

プラグイン「WP Evernote Site Memory」のダンロード方法

次に解凍して、以下のようにWPのプラグインのフォルダの投げ込みます。

プラグイン「WP Evernote Site Memory」の解凍とアップロード

Wordpessの管理画面にもどり、左サイドバーからプラグイン一覧を表示させ、以下のように「有効化」のボタンをクリック。

プラグイ「WP Evernote Site Memory」の有効化画面 これだけで、以下のようにエントリーの各記事下にEvernoteのサイトメモリーのボタンを挿入できました。

プラグインの導入成功画面

スポンサーリンク

カスタマイズと設定方法とは?

さてこのエバーノートのWrodPressプラグインはカスタマイズも充実しており、管理画面で簡単にできるようになっています。ではサイトメモリーのボタンのスタイルを好みのものに変更してみましょう。

まず、WPの管理画面の左サイドバー「設定」から「Site Memory」をクリックします。

「WP Evernote Site Memory」の設定方法

そうすると真中あたりに、「Button Style」があります。その中から選んでチェックを入れてください。最後にページ下の「Update Setting」をクリックして「WP Evernote Site Memory」の設定を保存します。

エバーノートのクリップボタンのスタイル変更

他の部分は英語を解読して、細かな設定をすることも可能です。チャレンジしてください。

おこづかいがもらえるアフィリエイトコードの取得と挿入

さて、このサイトメモリーを通じてユーザーがエバーノートに新規登録し、使い心地をグレードアップするために、有料版のエバーノートプレミアムに移行すると、なんど10ドルもらえるシステム(アフィリエイト)があります。ちょっとしたおこづかいになりますね。

そのためには、「WP Evernote Site Memory」(上記の画像)の「Affiliate Code:」の設定欄に取得したエバーノート・アフィリエイトプログラムのコードを取得して入れなければなりません。

アフィリエイトコードの取得

エバーノートのアフィリエイトプログラムに参加するためには、Affiliate Program | Evernote Corporationから、コードを取得する必要があります。上記のサイトに行って、以下の3番目の部分をクリックします。

プラグイ「WP Evernote Site Memory」でアフィリエイトコードの入手

Sign Upの画面ですが、プルダウンメニューの「Individual(個人)」を選択して、以下のように勧めます。

エバーノートのアフィリエイトプログラムの申請

無事に通過すれば、ファーストネーム入りのコードが発行されますので、それを上記のWPの「Site Memory」の「Affiliate Code:」の設定欄にコピーします。

以上で、エバーノートのクリップボタンを一発挿入できるWordpressのプラグイン「WP Evernote Site Memory」の使い方でした。本当に便利なプラグインですね。参考はサイトメモリーWordPressプラグインをリリース から。

Clip to Evernote

スポンサーリンク

フォローする

関連記事