Windows Live Writerのxmlrpc.phpでのサーバーエラー500番がやっと解決!プラグインが問題だった

スポンサーリンク

プロブロガーを目指して、自由気ままに記事を書き続けようと頑張っていた折に、突然のサーバーエラーです。ブログエディタ「Windows Live Writer」で投稿すると、xmlrpc.phpが問題でサーバーエラー500番が返ってきていたのです。しかしやっと問題が解決しました。Wordpressのプラグイン「Simple Google Sitemap」がメモリー制限に引っ掛かったのが原因だったのです。

image

500 Internal Server Error

昨日一つの記事が仕上がり”いざ投稿だ!”と投稿ボタンを押すや、「以下の Web アドレスについてサーバー エラーが発生しました。・・・/wordpressのインストールディレクトリ/xmlrpc.php・・・500 Internal Server Error」です。

実は1週間前からこのエラーが出ていたのですが、投稿はできていました。しかし、今回は投稿すらできません。「ブログへ下書き」も同様。

image

あわやマイクロソフトのブログ投稿ツール「Windows Live Writer」を手放して、「Zoundry Raven」などの別のブログエディタに鞍替えしようかと考えました。しかし「Zoundry Raven」で投稿しても同じ500番エラーです。サーバー内部エラーですが、一体どこが悪いの?

Googel検索して同様の問題を解決したサイトが見つかったのですが、どれも[.htaccess]が問題(AddHandlerとAddTypeのバージョン指定)との指摘が多くありました。しかし私のブログではその処理でも問題は解決せず。

そこでサーバーのエラーログを見ることに。

image

使用したPCのIPアドレスと、Windows Live Writerで投稿してエラーが返って来た正確時間を手掛かりに調べてみると、「・・・・ PHP Fatal error・・・」つまりPHPの深刻なエラーが見つかりました。内容は「 Allowed memory size of 33554432 bytes exhausted (tried to allocate 305293 bytes)in」というもの。エラー場所は「wp-content/plugins/simple-google-sitemap/simple-google-sitemap.php on line 279」というものです。メモリー容量の許容範囲を超えているようです。

Googleのウエブマスターツールに登録すれば効果があるとされる、サイトマップを自動で生成してくれるWordpressプラグイン「Simple Google Sitemap」の279行目がトラブルの原因だったようです。

それで、ひとまずその「Simple Google Sitemap」を外して、Windows Live Writerで投稿し直すと、見事成功しました。

今回、xmlrpc.phpによる500番サーバーエラーでしたが、実際はWordpressのプラグインに問題があったようです。オブジェクトの生成をくり返して許容メモリーを使いきっていたわけです。

プラグインには相性の悪いものも沢山ありますし、パフォーマンスを低下させますので、なるべく実装しないほうがいいですね。

2時間後の追記:結局Googleサイトマップを自動構築してくれるポピュラーなプラグイン「XML Sitemap Generator」を使うことにしてみました。Windows Live Writerでエラーは出ないようなので、こちらをしばらく利用してみます。

「Windows Live Writer」使い方「目次」へ戻る

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事