WordPressの複数トラブルがやっと解消!キャッシュが削除されずフィード更新不能、WLWでxmlrpc.phpが500番エラー

スポンサーリンク

ここ数週間Wordpressの不調に苦しんでいましたが、やっと解消されました。ことの発端は、Windows Live Writerでの投稿で500番エラーが発生することからでした。まれなトラブルとは思えませんでしたので、改めて症状と解決方法をメモしておきます。

WPトラブルの症状

楽しいブログ運営のはずが、またしても自らのスキル不足で苦しいトラブルに見舞われました。

まず症状を気づいた順番に記します。

1.このブログはマイクロソフトのPCインストール版であるブログ投稿ツール「Windows Live Writer」で投稿しているのですが、1週間前から投稿ボタンをクリック後に30秒~1分で、上記の画像のように、xmlrpc.phpの「500 Internal Server Error」が生じ始めました。記事は投稿されています。ただし、「下書き」投稿の場合は、500番エラーは生じません。

2.新しいエントリー投稿後に、RSSのフィードが更新されていない。1日一度程度だけ更新ののみ。

3.このブログは、Wordpressを高速化するために、さくらのVPSNginxリバースプロキシキャッシュ+gxip圧縮+PHPアクセラレータを導入し、プラグイン「Nginx Cache Controller」でキャッシュコントロール しています。そのプラグインで自動投稿と同時にキャッシュを削除したり、管理画面を通じて、任意のページのキャッシュを削除できるのですが、それができなくなりました。

スポンサーリンク

原因追及

サーバやPHPに不慣れなせいか、アクセスログやエラーログを見ても全くわかりません。以前にも、xmlrpc.phpで500番エラーが生じた時には、何とか解決できたのに。

仕方なく Nginx Cache Controller の管理者にご連絡を差し上げたころ(WordPress 高速化&スマート運用必携ガイドを購入したよしみで)見事解決できました。

PHPの設定が問題だったようです。

ファイル/etc/php.ini で、[max_execution_time=30(秒)]つまり、php の処理時間が 30秒以上かかる場合は処理を停止する設定になっていったのです。ブログの投稿数(この時点で2043記事)が多く、キャッシュ済みのファイルを削除するのに30秒以上かかっていたわけです。

そこで、上記の設定を「60秒」に修正すると、見事 上記の3つのトラブルが解消されました。感謝感激です。

それにしても、サーバー/PHP/VPS関連のスキルの無さに痛感させられました。もっと勉強しなければなりませんね。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事