WordPressプラグイン「Tweetily」で過去記事を完全自動でツイートすることに!日本語に対応の修正もOK

スポンサーリンク

ブログの過去記事にもアクセスを流すために、大まかに指定した過去記事をランダムかつ自動で投稿してくれるWordPressプラグイン「Tweetily」を使い始めました。日本語の場合、タイトルが欠如するという欠点も完全に修正できました。いい感じです。

image


プラグイン「Tweetily」を利用することになった経緯

ブログのPVを微増させるべく、ブログの過去エントリーをBufferにて指定時間に予約投稿することにしていたのは、数日前。⇒ ブログPV微増計画!Buffer(バッファー)で予約ツイート始めましたのでその設定方法をメモ|アマモ場

しかし過去記事を選択するのが面倒になりました。そこで、なるべく利用したいくないプラグインにたよることに。過去記事を自動でツイートしてくれるWordpressプラグインをです。ついに妥協できるものが見つかりました。 Tweetily – Tweet Your Posts Automatically! というものです。(今のところ Tweet Old Post よりは優れているようです。)

「Tweetily」の機能

  • ツイート前後に定常テキストを含めることが可能。
  • さかのぼる記事を投稿時間で指定できる
  • 除外カテゴリーや投稿を指定できる。
  • 各種URL短縮サービスを利用でき、クリック状況が分かる。
  • 投稿間隔を大まかに指定できる。
  • (コードを修正すれば)日本語に対応できる

インストールと設定

過去記事をランダムに自動投稿いてくれるプラグイン「Tweetily」のインストールはいつものように、Wordpressのダッシュボード「プラグイン」の「新規追加」からキーワードに「Tweetily」と入れて検索するばヒット。

image

プラグインを有効化してから、サイドバーの「Tweetily」から設定します。

image

設定は以下のとおり

  • Tweet Content・・・ツイートに含めるものは、タイトルか本文か、そのどちら含めるか?
  • Additional Text・・・追記するテキスト。【記事を再掲しましたよ!】など
  • Additional Text Location・・・上記のテキストの位置を先頭か最後かを指定。
  • Include Link・・・投稿にリンクを含めるかどうか。
  • USE URL Shortenr?・・・記事短縮サービスを利用するか。

image

  • #Hashtags・・・ハッシュタグを利用するか?カテゴリー名や記事タグをなどを指定可能。
  • Time between tweets・・・・ツイートする間隔の最低時間を指定。無記入の場合4時間になります。
  • Random Time Added・・・ランダム投稿する時間間隔。
  • Minimum age of post・・・記事をさかのぼる最低の時間(例:7)
  • Maximum age of post・・・記事をさかのぼる最長の時間(例:180)
    (上記の場合、過去7日前~180日前の期間に投稿した記事を指定するという意味)
  • Number of Tweets・・・一度にツイートする記事数
  • Select post type・・・ツイートするのは投稿か、固定ページか、両方ともか?

image

Exclude Categories・・・ツイートを除外するカテゴリを指定。

image

また、Exclude Spesific postsからは、除外する記事を指定できます。

image

最後に、「Update Tweetily Options」をクリックして保存します。一発目を即ツイートしたい場合は、Tweet Now!をクリックします。

image

さて、一発目を投稿すると、タイトルが尻切れトンボとなりました。しかし、過去記事紹介プラグイン Tweetily を日本語対応修正する! | thikasa note を参考にプラグインのコードを編集すると見事に日本語に対応しましたよ。以下の通りです。

image

上記の設定ページには、そのページを開いた時点で次のツイートまでの時間が表示されます。

image

以上が、ブログの過去記事をランダムにTwitterに投稿してくれるWordpressのプラグイン「Tweetily」の基本設定と日本語対応のための修正情報でした。

いつものようにいつまで利用する分かりませんが、これでPVが微増すること期待したいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事