WPテーマSuffusion(9)キター!レスポンシブ表示可能になったSuffusion 4.4.0でiPhone5やiPad、スマートフォンを

スポンサーリンク

WordPressでブログやサイトを運営している方はあちこちで書かれているレスポンシブ対応のテーマに関する記事を読んでいると思います。このブログでもやっとレスポンシブ対応になりました。しばらく前から愛用しているテーマSuffusionの作成者のおかげです。では早速、使ってみてiPhone5やiPad、スマートフォンで表示させてみます。結果は?

image

GoogleはWebサイトをレスポンシブ対応して、PCやスマートフォンに限らず様々なデバイスで同じコンテンツを表示するよう勧めています。(Building Smartphone-Optimized Websites – Webmasters ? Google Developers

このたびSuffusionがバージョンアップ版4.4.0で初めて、レスポンシブ対応になりました。(以前は「WPtouch Pro」を利用していました。「WPtouch Pro」無料版から有料版に変えた理由とは?購入と導入手順について|アマモ場

さっそくテーマSuffusionを4.4へバージョンアップすると、以下のように[Layauts]のタグでレスポンシブ表示に切り替えられることがポップアップで紹介されます。

image

そこから、[Responsive Layouts]を選択。

image

次に[Enable responsive layouts]にチェック入れて「Save(保存)」をクリック。(折り返し幅や、読み込むウィジェットは下の部分から設定できます。)

image

そうするとこのブログで以下のように表示されます。(iPhone5 320×568 表示です。)

image

下へどんどんスクロールします。サイドバーが記事の下に読みこれます。

image

image

image

問題点も浮き彫りになりました。今思い当たる点としては以下の通りです。

  1. Facebookのrecommendations Barは視認性を損なうので外した方がよさそう。
  2. ブログタイトルとブログの説明分、ロゴ、ヘッダー画像が重なり、見えづらい。
  3. 横長のリンク広告が隠れている。

他にもありそうですが、少しずつ改善していきます。しばらくはテーマSuffusionにお世話になることが続きそうですね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事