ブログのデザインをリニューアル!WordPressテーマは「Simplicity」に変更!

スポンサーリンク

WordPressのテーマ「Simplicity」を採用してブログデザインを新しくしてみました。このテーマの特徴の中で気に入った点と、カスタマイズした点を少しだけ紹介。

WordPressテーマは「Simplicity」

昨日までBootsrap3のフレームワークを利用して自作したWordPressのテーマを利用していました。でもメンテなどに時間がとられ過ぎです。

そこで無料テーマを探していたら、新進気鋭の Simplicity というテーマを発見。作者はわいひら@寝ログ (MrYhira)さん。この場をお借りして感謝を表したいと思います。

テーマ「Simplicity」の特徴や設定は上記の公式サイトを読めば分かるのですが、私が気に入った特徴をいくつか挙げてみたいと思います。

特徴

今や時代はHTML5ですね。ブログ程度でこだわる必要はないと思いますが、評価は高いと思います。「Simplicity」はそのHTML5でマークアップされています。

さらには内部SEOを重視しているだけでなく、正しいマークアップによってGoogleウエブマスターツールの構造化エラーがゼロだそうです。この点で私が自作/利用していたテーマに自信ありませんでした。

また「Simplicity」はレスポンシブデザインで、CSSのみでPC表示やスマホ表示などを切り替えています。

シンプルが売り。テーマの「カスタマイズ」からヘッダー画像、SNSボタン、アドセンス広告などの設定を簡単に行えます。

PC表示で記事直下にアドセンス広告(幅336)を2つ並べられます。この配置は収益性が抜群なんですね。「Simplicity」は初期設定で実現されています。

加えて、ブログ投稿エディッタである Windows Live Writer の利用を意識した作りになっています。過去記事をWLWでワンクリックで呼び出し編集できます。以前は強引にsingle.phpに「編集ボタン」を入れていましたが、その必要はなくなりました。

最大の特徴は、作者が常にこのテーマをバージョンアップしている点でしょう。むちゃ心強いですね。

以上のように素晴らしい無料WordPressテーマですが、今のところWordPress.comから直接ダウンロードできません。それで怪しいコードが忍ばせられているのではないかと不安になる人もいるかも。

そこでWordPressテーマの安全性をチェックする以下の2つのプラグインで「Simplicity」の最新バージョンである[simplicity20140807]と子テーマ[simplicity-child-footer-white20140805]をスキャンしてみました。すると以下の通り安全性が確認されました。

プラグイン AntiVirus でスキャン

image

プラグイン Theme Authenticity Checker (TAC) でスキャン

image

カスタマイズ

このブログで「Simplicity」そのまま利用できれば最高だったのですが、これまで何度もテーマを変えたり自作してきたりしましので、CSSだけでなくphpテンプレートを直接いじる必要がありました。たとえば以下の通りです。

  • 広告・・・記事のタイトル下にAdSense広告を直接挿入。サイドバーの広告タグ削除。(single.php ,sidebar.php)
  • サムネイル画像・・・アイキャッチ画像の利用は抵抗(面倒)がありましので、記事の最初の画像を自動取得するように変更。(function.php)
  • 表のCSS・・・「Simplicity」のtable用CSSを削除して、Bootsrap3のtable用CSSを移植。

他にもこのブログを見ればカスタマズした部分は分かると思います。

このテーマへの乗り換えでプラグインの数が少々減ったことも何気に嬉しいですね。

他にもこのテーマの良い点をいろいろ語ってみたいと思いますが別に機会に。作者にあらためて感謝します。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事