WordPressの記事検索の精度が悪い!Googleの「サイト検索」の検索窓を導入

スポンサーリンク

WordPressの管理画面からの記事検索の精度とスピードが悪いので、googleのブログパーツである、「サイト検索」を導入しました。ちょっと工夫して導入します。

image

アドセンス用の検索窓とかぶらないように条件分岐で表示させる方法とは?

googleの検索窓の導入

このブログはWordpressを使っています。時々過去記事を見なおして、修正や訂正をかけたりするために管理画面の「投稿記事」の検索窓から記事検索をしていますが、それが極めて遅く、精度も極めて悪い のです。

image

それで急いでいる時はブラウザのgoogle検索窓から、ブログのURL(amamoba.com)を入れて検索していました。たどりついた記事には、ブログにログインしているなら、「編集」ボタンが現れますから、それをクリックしてすぐに管理画面での記事編集が可能になりますから。

精度とスピードアップ

しかし、その作業をもっと簡単にするために、ブログパーツしとしての「検索窓」をウィジェット表示(サイドバー)させることにしました。その方法は簡単です。リンク、検索機能を追加へ行き、「Google フリー検索 (ベーシック版): ウェブ検索 + サイト検索」のタグをブログのサイドバーに貼り付けるだけです。(ただし、YOURSITE.CO.JPの部分は検索したいブログのURLに変更しなければならない。)image

カスタム検索との同時表示回避

そこで問題があります。アドセンスのカスタム検索 を導入しているために”かぶって”しまうのです。それを解決すべく、wordpressの条件分岐を使ってログインしている私だけが検索できるようにしました。その方法はWordPressにログイン中のユーザーに広告を非表示にする条件分岐の関数を導入する方法で書いています。そこの記述の「ログイン中です」の直後に、上記の「Google フリー検索」のタグを挿入するだけです。

つまり、ログインしたときは、ブログパーツしての検索窓が表示され、

image

ログインしているない一般のユーザーに対しては、アドセンスの「カスタム検索」窓が表示されるようにするのです。

image

とにかくWordpressの管理画面の検索機能やウィジェット表示できるWrodpressの検索エンジンの精度の悪さと表示スピードの遅さは改善してもらいたいですね。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事