WordPress 3.3の新機能のまとめ、ドラッグ&ドロップ対応のファイルアップローダや「Plupload」の使い方

スポンサーリンク

WordPress3.3が正式に日本語に対応していました。今回のマイナーチェンジは、新機能としてファイルのドラッグ&ドロップが可能になり、面倒なファイルアップロードが少しだけ簡単になったようです。では、WordPress 3.3の新機能のまとめと、ドラッグ&ドロップアップローダーや一度に複数のファイルをアップロードできる「Plupload」の使い方です。

image

WordPess3.3-ja(日本語)

2,3日前までは、WordPress 3.3は「en」となっており、英語版だけでしたが、「WordPess3.3-ja」の正式版もダウンロードできるようになっていました。さっそくバックアップを取りその後「更新」をかけました。

image

データベースのアップグレードも必要のようで、更新画面でクリック。めでたく更新に成功。

image

今回のマイナーチェンジはかなり気合が入っています。更新後に「WordPress3.3へようこそ」となっています。いわゆる新機能「更新履歴」というものです。

image

新機能1:簡単なアップロード

まず、「さらに簡単なアップロード」です。様々な操作をシンプルにするための新機能のようです。ファイルタイプの自動認識、そしてドラッグ&ドロップメディアアップローダーです。(後半で説明)

image

新機能2.ダッシュボードのデザイン。

ドロップダウンメニューが横になった「フライアウトサブメニュー」でカーソルをおくだけでメニューが表示、目当ての機能をワンクリックで素早く管理画面を行き巡れるようになりました。

image

ツールバーも簡略化されています。

image

機能3.初めてのような感覚

私もこれには驚きました。記事後半にもあるように、新機能の説明はポップアップ表示されて説明が出てきます。ファイルのドラッグ&ドロップアップローダー機能の説明ポップアップもされました。

さらに、更新後の変更履歴も確認できます。つまり、Wordpressを更新すると初期画面が、新機能の説明が表示されます。無料のツールとは思えない力の入れようです。

image

その他の改善

WordPress3.3は他にも細かな、機能向上のための努力が見られます。たとえばテーマを過去のものに戻すとウィジェットも初期状態にもどりましたが、過去のテーマで設定していた時のウィジェットの配置に戻るという機能が追加されています。

image

「裏側」という項目でも細かい変更でパフォーマンス向上の努力が確認できます。

image

開発の協力してくれた面々です。ありがとうと言いたい!

image

image

スポンサーリンク

ドラッグ&ドロップメディアアップローダー「Plupload」

さて遅くなりましたが、ここからがこの記事の主な内容です。「投稿」画面を立ち上げると、新機能の説明がポップアップされます。そうです、ドラッグ&ドロップメディアアップローダー「Plupload」が新たに加わりました。

image

いつものようにファイルアップロードのボタンを押すと、ドラッグ&ドロップができるようになっています。また複数のファイルを一回でアップロードできる「Plupload」対応になっています。

image

以前のファイルアップロード方法と比べて少し楽になった程度です。

image

欲を言えば、投稿画面にドラッグ&ドロップ(またはコピペ)できたらいいですね。

これはプラグインで実装できた機能で、複数のファイルを一度にアップロードできる新機能です。

以上が今回わくわくしながらWordPress3.3(日本語)への更新による追加機能のまとめでした。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事