Jetpackのアクセス解析「WordPress.com Stats」の導入方法!WPのアクセス解析がさらに進化!

スポンサーリンク

我がブログのWordpress専用のアクセス解析「WordPress.com Stats」がかなり分かりやすいアクセス解析として新登場しました。その導入方法は「Jetpack」というプラグインの導入によって行われます。

image

Jetpack

image最近このサイトのWordpressアクセス解析として導入している「WordPress.com Stats」のバージョンアップをすると、「Jetpack」という何やら怪しげなプラグインの導入が進められました。

「Jetpack」について調べてみると、私のブログでは必要を感じないプラグインの詰め合わせ(pack)がほとんどでした。しかし日ごろ愛用しているWP専用のアクセス解析プラグイン「WordPress.com Stats」の解析結果の画面がかなり分かりやすくなっているとのことで、プラグイン「Jetpack」を導入することにしました。(使わないプラグインは停止させられますから。)

インストール

いつものように、Wordpressの管理画面のサイドバーから「プラグイン」→「新規追加」へ。「キーワード」に「Jetpack」と記入して「プラグインの検索」をクリック。

ヒットした、「Jetpack by WordPress.com」の「今すぐインストール」をクリックし、再度確認を求められるた後、有効化をします。

image

WordPress.comへの接続

このプラグインは「WordPress.com」に自分のアカウントで接続して利用可能になりますので、以下の部分にWordPress.comのIDとパスワードを記入して「Authorizing」をクリックします。(アカウントを取得する方法はWordPress.com Statsは優れもの!からどうぞ。)

 

image

設定

次に「Jetpack 」の設定ですが、左のサイドバーから「Jetpack」をクリックすると、まとめてインストールされたプラグインが表示されます。各プラグインの機能が知りたい場合は、「さらに詳しく」をクリックすると日本語で解説されています。(下のプラグインは「LaTeX」という特殊な記号挿入プラグインです)

image

スポンサーリンク

アクセス解析の新「WordPress.com Stats」

私が使うのは使うのはアクセス解析プラグイン「WordPress.com Stats」です。

image

設定

以前に一度も「WordPress.com Stats」を設定されたことのない方はAPIキーなどを記入する必要があるかもしれませんので、WordPress.com Stats は優れもの!を参考にして取得し、設定する必要があります。

ダッシュボードのサイドバータグ「Jetpack」以下の「サイト統計情報」をクリックすると、以前の統計画面からはかけ離れた、分かりやすい解析画面が以下の変更点を伴って表示されます。

変更点

新「WordPress.com Stats」の主な変更点は以下の通りです。

  • 折れ線グラフから棒グラフへ
  • リファラ(ソース)がドメインごとにまとめられ、FacebookなどのSNSやTwitter、googleなどのトラフィックをまとめて(ー)、また詳細に「+」ビジュアルに確認できる。

    image

今回プラグインの詰め合わせセット「Jetpack」内のアクセス解析プラグイン「WordPress.com Stats」の新バージョン紹介でしたが、新鮮さがあってよかったですね。