超簡単設定!WordPressのプラグインJetpack「パブリサイズ共有」でTwitterやFacebookへ自動投稿する方法

スポンサーリンク

思わず「あの苦労はなんだったのだろう!」と言わせるほど便利な機能を試してみました。Wordpressプラグイン「Jetpack」の新機能「パブリサイズ共有」機能です。細かな設定などのなしに、超簡単にブログの更新情報をFacebookやTwitterに自動投稿してくれるのです。「パブリサイズ共有」はヘッダーに「Open Graph Protocol(OGP)」情報もしっかり記述してくれます。ではその使い勝手と使い方とは?

image

WordPressのプラグインJetpack「パブリサイズ共有」とは?

プラグインJetpackは様々な機能をひとまとめにしたWordpress.com公式のプラグインです。メールフォームやアクセス解析、スペル・文法チェック、カスタム CSS、無限スクロール機能、問い合わせフォームなど、便利な機能盛りだくさんのプラグインです。

そのJetpackに「パブリサイズ共有」が加わったのに気付きました。これを有効にして簡単な設定を行うと、TwitterやFacebookなど以下のSNSと連携して、ブログの更新情報を自動投稿してくれますよ。

image

Facebookページへの自動投稿とOGPの記述

まずFacebooとの連携ですが、ブログの更新情報としてタイトル、概要、記事URL、アイキャッチ画像をブログのFacebookページのウォールに自動投稿してくれます。手動のように任意のコメントは入れられませんが、更新が命のブログ運営において自動は大変助かります。(ブログのFacebookページへ手動で画像入りのブログ更新情報を投稿するブックマークレット)

image

以前はかなり苦労しました。設定に手間がかかるプラグイン「WP-OGP」「Open Graph Pro」を使っていましたが、全く必要なくなりました。

と言うのは上記のプラグインが主な機能とする<head>へ「Open Graph Protocol(OGP)」情報を記述することを、プラグインJetpackの「パブリサイズ共有」がほとんど設定なしに行ってくれるからです。

<!– Jetpack Open Graph Tags –>がその記述部分

image

Twitterの自動投稿

さらにブログの更新情報をURLと共にツイートしてくれます。

image

ブログと同時更新する機能だけを利用していたプラグインTwitter toolsはもう必要なくなりました。

「パブリサイズ共有」はFacebookやTwitterだけでなく、Linked in,Tumblr.,Yahoo!とも連携可能です。

使い方

使い方は説明するまでもないほど簡単に設定できます。WordPressのダッシュボードへ行き、サイドバーの「Jetpack」へ。機能の「パブリサイズ共有」の「設定」をクリック。

image

Facebookへの同時投稿の場合は以下の部分から「Facebook 連携を新規追加する。」へ。

image

ログインして許可した後、以下のように自分のアカウントで作成しているブログのFacebookページが表示されますので、それにチェックして「OK」を。

image

以下のように連携するブログのFacebookページと連携できました。

image

Twitterも同じです。

image

ログインしてアプリを認証します。

image

image

連携したTwitterのアカウントが表示されていれば設定終了です。

あとはWordpressでブログをひたすら投稿・更新するだけです。

以上がWordpressプラグインJetpackの新機能「パブリサイズ共有」を用いた、ブログ更新時にFacebookやTwitterへの自動投稿をする方法でした。たくさんの設定が必要なプラグインたちともお別れができました。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事