WordPress問い合わせプラグインを「Contact Form 7」からJetpackのコンタクトフォームへ変更した理由とは?

スポンサーリンク

WordPressの高速化のため、またメンテナンスの煩雑さを軽減するためにはプラグインは少ない方がいいですよね。そんなわけで、問い合わせフォームの定番プラグイン「Contact Form 7」からシンプルなJetpackプラグイン「コンタクトフォーム」へ変更してみました。しっかりスパムコメント対策が施されていますよ。

image


Jetpackのコンタクトフォーム

コンタクトフォームとしてWordPressプラグイン「Contact Form 7」は超定番。カスタマイズ性に富んでいて多くのブログで導入されています。

このブログでもスタート当初から同プラグインを利用していました。しかし上記の理由で、Jetpackというプラグイン詰め合わせセット内のコンタクトフォームに変更しました。

(現在、プラグインの詰め合わせ「Jetpack」でアクセス解析パブリサイズ共有 機能を有効かしています。)

Jetpackのコンタクトフォームも「Contact Form 7」同様にしっかりとAkismetによってスパム対策がなされていますので安心です。しかもWordpress.comの公式プラグインですからさらに安心です。

また万が一迷惑コメントだとしても、Wordpressのプロフィールに登録しているアドレスで自動返信されず、メールアドレスが相手に通知されません。

コンタクトの送信先はコメントと同様にプロフィールのメールアドレスです。

なおJetpackのコンタクトフォームは「Contact Form 7」と同時に使うと不具合が発生しうる可能性があるようなので、「Contact Form 7」は停止しておきます。

image

では早速、コンタクトフォームの有効化をサイドバーの「Jetpack」から。

image

「コンタクトフォーム」を探して有効化します。

image

フォームの挿入方法ですが、投稿やページの挿入したい場所にカーソルを入れて、「メディアを追加」の右横のアイコンをクリックしてコードを自動挿入。最後に「更新」をクリック。

image

以下のように無事に「問い合わせフォーム」を表示できました。

image

最後に上記のコンタクトフォームに記入、「送信」することによって動作確認をしてみました。結果は以下のように無事に送信できました。

image

以上がWordPressのJetpackのプラグイン「コンタクトフォーム」の導入うメモでした。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事