最新版「ホームページ・ビルダー17」はWordPressで管理するサイトを簡単に作成!ブログ更新が楽に?

スポンサーリンク

ジャストシステムは時代の流れに逆らえないと思ったのか?大人気のCMSであるWordpressをシステムの基盤にした最新版の「ホームページ・ビルダー17」を10月5日に発売するようです。これでブログのようにサイトに記事を追加したり、本体をインストールしていないPCはもちろんのこと、スマートフォンやiPadなどのタブレット端末でもサイトに記事をアップしたり編集したりすることができます。

image

WordPressに鞍替えした「ホームページ・ビルダー17」

現在の売上が低迷しているのかどうかは定かでははりませんが、かつて一斉を風靡したホームページ作成ソフト「ホームページ・ビルダー」の最新バージョン「17」が10月に発売されます。私も依然お世話になったことがあります。

この名称となっている「ホームページ」という言葉自体が近いうちに死語になるかもしれないほど、余り聞かれなくなりました。かって「ホームページ・ビルダー」シリーズで作られたであろうサイトの残骸に時々お目見えすることがありますが、その多くは更新が途絶えているか閉鎖しています。

これまでジャストシステムは、時代の流れに即しようと無料のブログサービスやWordpressで構築されたサイトを「ホームページ・ビルダー」で更新できるようにしてきました。

しかし今回発売されるシリーズ最新版「ホームページ・ビルダー17」は、豊富なWordpressのテーマ・CSSのテンプレートを搭載し、自由にカスタマイズした後にサーバーに丸ごとアップロードすることができるようにしました。さらに気の効いた機能としてWordpressの「カスタム投稿タイプ」やスマートフォンに最適化された「レスポンシブデザイン」(以下に詳述)にまで対応しています。

image

サイト作成後の管理と更新は「ホームページ・ビルダー17」をインストールしたPCで、見たままの状態でコンテンツ作成・編集(WYSIWYG編集)を快適に行えますし、直接ブラウザでWordpressのダッシュボードにアクセススしても行えます。またWordpress管理用アプリをインストールしたスマートフォンからでもブログを更新するような感覚で記事を追加してゆけるわけですね。

image

さらに準備されたテーマのテンプレートはどれも、スマートフォン表示にも最適化された「レスポンシブデザイン」となっています。この「レスポンシブデザイン」はGoogleが公式にウエブサイトオーナーに勧めているので、SEO的には抜群でしょうね。

image

またWordpressの豊富なプラグインを利用して簡単にSNSボタン(Twitter、Facebookの「いいね!」、問い合わせフォーム、アクセス解析などを設置できます。

ここまでの説明を聞けば、これまでWordpressでブログを運営した私は「ホームページ・ビルダー17」乗り換えて、新たにテーマを作り、リニューアルを計ってみたようかなとの誘惑にさらされます。そんな方には、サイトのインポート・エクスポート機能を活用できるようです。

最後に気になる価格ですね。パッケージ製品の種類と値段は以下の通りです。ホームページ・ビルダー

image

最安値は、以前のバージョン「16、15、14、13、12」のバージョンアップ版の8,300円ですね。そういえば私は4年前に「13」を買っていたので、購入するならバージョンアップ版にします。もしバージョン「16、15、14、13、12」をお持ちでない方は、「12」以上を中古で購入してから、「17」にバージョンアップすれば、数千円は安く購入できることになりますね。

以上、Wordpressの大人気にあやかって新登場したジャストシステムの「ホームページ・ビルダー17」の紹介でした。私も体験版を使ってみて、使い心地が良いようであれば、使うかも。その場合、マイクロソフトのブログ投稿ツールであるWindows Live Writer から卒業する可能性があります。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事