検索エンジン経由の訪問者にやさしいブログへ!ファーストビュー最適化の作業手順

スポンサーリンク

検索エンジンにやさしいコンテンツの位置を目指してファーストビュー最適化を断行してみました。検索エンジンからの流入を中心にしたブログなら、主要なコンテンツ(記事)がスクロールせずに見える部分(ファーストビュー)にちょっと顔をのぞかせている程度では、ユーザビリティの低下を招き、SEOには大きくマイナスです。

ファーストビュー最適化の作業手順


ファーストビュー最適化の大切さ

このブログはオーガニック検索(広告なしの純粋な検索エンジン経由)からたどり着くユーザーが大半です。

2013-03-12_20h24_46

今のところ検索エンジンからの流入が一番収益性が高いので、ユーザビリティ向上を目指してサイトの外観を少しだけ調整することにしました。これが同時にSEO対策にもわけです。

変更点は、ファーストビュー最適化によって主要コンテンツの視認性を高めることです。つまりスクロールしなくても見えるように主要コンテンツ(記事)を配置することです。

ユーザーは情報を得たいと思って、検索エンジンからこのブログにたどり着く。しかし、主要なコンテンツが下に押しやられているなら、ユーザーはスクロールする部分が多くなり、利便性が低下する。これはSEO的にもマイナス。

スポンサーリンク

ブログ外観の変更前

変更前のブログ外観ですが、こちらがトップページのキャプチャ画像です。

image

こちらは個別記事のキャプ画像です。広告を2つ入れていますが、これは外せません。

image

個別記事のファーストビューを解析すると以下のように、ユーザーが知りたい内容(記事タイトル以外の主要な記事コンテンツ)は3分の1以下見えません。

2013-03-12_20h05_00

以下は変更後の個別記事ページです。記事タイトル以外の記事部分をファーストビューの半分にまで押し上げることができました。

2013-03-12_19h54_00

変更内容

以下のようにヘッダーを縮め、メインコンテンツを上へ引き上げます。

image

このブログはWorpressのテーマ「Suffusion」 を利用しています。

まず以下のようにSuffusion のカスタマイズで、スキンを「Magazin」に設定。

image

ヘッダーの上部空白をゼロにするため、「Skinning」から「Header」へ。「Empty Space Between Top of Page Header」で「0」と入力して「Save」します。

image

ブログの説明も以下のように、ブログタイトルと並べて、中央に配置します。

image

さらに以下のように広告リンクとの間を縮めたいと思います。ウィジェットを利用て広告リンクを入れても、縮まらないのです。

image

テーマを直接いじって、広告リンクを以下のように入れます。「Suffusion」⇒  「function」⇒ 「action」へ。228行目に、以下のように広告挿入。

2013-03-12_19h14_25

また、ブックマークボタンを記事下のみに設置。プラグインを利用しています。(万能なブックマーク追加ボタンwordpressプラグインの「WP Social Bookmarking Light」の使い方!

image

これでやっと、主要記事のファーストビューを2分の1まで引き上げることができました。

2013-03-12_19h54_00

以上が検索エンジンから来てくださったユーザーにやさしいブログ構成、つまりファーストビュー最適化の作業記録でした。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事