エックスサーバーで独自ドメイン・メールアカウントを作成!WordPressに登録してメルマガ発行開始!

スポンサーリンク

このブログの記事ダイジェスト(まとめ)を週一でメルマガ配信することになったついでに、あまり使っていなかったドメインのメール(info@サイトのドメイン名など)を作成して、Wordpressのプロフィールや管理メールに登録しました。その独自ドメインメールでメルマガ発行プラグインSubscribe2によるメルマガ発行することにしました。サーバー環境はXサーバーで、メーラーはOutlook Expressです。

エックスサーバーで独自ドメインのメールアカウントを作成し、メルマガ発行する手順

  • エックスサーバーでメールアカウント作成
  • Outlook Expressのアカウント設定
  • WordPressのユーザーや管理者用のメール設定

エックスサーバーでメールアカウント作成

以前にWordPressのスムーズなサーバー移転の方法とは?でも書きましたが、このブログはエックスサーバーの「×10」プランを利用しています。「×10」は月々1050円ですが、容量は40GBです。格安のXreaやロリポップよりははるかに快適に動きます(⇒あくまでも自分の感想)。PHP仕様のWordpressには安定したサーバーが必要ですが、エックスサーバーはピカ一ですね。今のところ私は「×10」プランで十分です。

そのエックスサーバーでのメールアカウント作成ですが、自分のサーバーアカウントでXserverにログインした後、該当するドメインページを開きます。以下のように、「メールアカウント作成」しました。

エックスサーバーでメールアカウント作成

次にメールアカウントを作成します。ここでは@の前にinfoで作成しました。パスワードも作成。容量はひとまずディフォルトの300MBで十分かも。

エックスサーバーでメールアカウントとパスワードの作成

(詳しくはエックスサーバーにありました。)

スポンサーリンク

Outlook Expressのアカウント設定

次に作成した独自ドメインメールアカウントを用いてPC上で送受信できるように、メーラーを設定します。ここでは、マイクロソフトのOutlook Expressの設定です。

上記のエックスサーバーのメールアカウント情報の右上の「メールソフト設定」をクリックします。

以下のように受信(送信)メールサーバーを、Outlook Expressの新規メールアカウント設定の[電子メールサーバー名]に記入し。さらにユーザーアカウント(作成した独自ドメインメールアドレス)とパスワードを「インターネット メールログオン」に記入します。

OutlookExpressの設定

最後にOutlook Expressで送受信できるかどうかをチェックします。

WordPressのユーザーや管理者用のメール設定

最後に、上記のメールアドレスで、メルマガが発行されるように、Wordpress管理者のプロフィールのメールアドレスを変更します。

ダッシュボードの[ユーザー]から[あなたのプロフィール]をクリックし、[メールアドレス]欄に記入します。

Wordpressのメールアドレス設定

メルマガプラグイン「Subscribe2」の発行者用のメールアドレスが以下のように変更されているのが分かります。

image

ついでに、Wordpressの管理用メールアドレスも変更しておきます。(大丈夫かな)

image

以上がエックスサーバーで独自ドメインのメールアカウント作成、Ootlook Expressのメールアカウント設定、Wordpressでメルマガの送信者メールアドレスの設定方法でした。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事