WordPressのアイキャッチ画像を自動で生成するプラグイン「Auto Post Thumbnail」は過去記事にもOKよ

スポンサーリンク

新規投稿のたびにダッシュボードのアイキャッチ画像を手動で指定する手間を省いてくれる、しかも、アイキャッチ画像を指定しなかった全過去記事に対しても、自動でアイキャッチ画像をセットしてくれるWordPressプラグイン「Auto Post Thumbnail」を使ってみました。2013年の必須のプラグインになりそうです。

image

手間を省いてくれる「Auto Post Thumbnail」

アイキャッチ画像の有無は、ブログの外観にかなりの影響がありますね。テキストによるタイトルではスルーする記事でも、魅力的なアイキャッチ画像があれば、思わず「開いていみようかな!」と思ってしまうものですね。

image

しかしいかんせん、面倒です。以下画像のように、新規エントリーの公開時に毎回手動でWordpressの管理画面からセットしなければなりません。その手間を省けたらどんなにいいでしょう。

image

そんな願いをかなえてくれるのが、プラグイン「Auto Post Thumbnail」です。その特徴は以下の通りです。

  1. 自動で、記事の先頭に掲載している画像をアイキャッチ画像にセット。
  2. 過去記事のすべてに、記事の先頭に挿入している画像をアイキャッチ画像に自動でセット。

以上2つの機能がこのプラグインにあることからすると、このプラグインは、記事の初めにその記事の内容にそった画像を入れているブロガー向けですね。あまり画像を利用していないブロガー向けではありません。

インストール

「Auto Post Thumbnail」のインストールはいつものように、管理画面のプラグインの「新規追加」から、検索窓に「Auto Post Thumbnail」と入れて検索。ヒットする「Auto Post Thumbnail」を「今すぐインストール」。

image

インストール後に有効化します。

image

使い方

「Auto Post Thumbnail」は設定の必要がほとんど無いシンプルなプラグインです。ひとたび、インストールして有効化すれば、次回の記事新規投稿から、記事の最初の画像をダッシュボードの「アイキャッチ画像」に自動で設定してくれます。ただし、メディア設定で、生成される「サムネイルのサイズ」をあらかじめ設定しておく必要があります。

image

以下のようにトップページで記事の「概要」と共に「アイキャッチ画像」が表示されます。(ブログのテーマ設定の一例。WPテーマSuffusion(10)アイキャッチ画像の設定あれこれ!トップ・レイアウトの詳細な設定方法とは?を参考にどうぞ。)

image

全過去記事のアイキャッチ画像の自動設定

「Auto Post Thumbnail」の有名な機能として、これまでのエントリー(投稿ページ)でアイキャッチ画像を設定してこなかった記事に対しても、自動で設定してくれます。

利用法は、ダッシュボードの「設定」から「Auto Post Thumbnail」へ。「Generate Thumbnails」をクリックするだけです。

image

記事数が多いとかなり時間がかかります。以下のように「100%」となれば無事完了です。

image

このブログは、この記事の執筆時点でスマートフォン表示最適化プラグイン「WPtouch Pro」を利用していますが、ブログのトップページを右端のように設定できます。左端の単なる日付(カレンダー表示)より、アイキャッチ画像にしたほうが、印象がかなり良いいですね。(その設定方法は、「WPtouch Pro」の使い方(6)アイキャッチ画像を設定する方法 からどうぞ。)

image

以上のようにWordPressのプラグイン「Auto Post Thumbnail」はブロガーの手間をちょっとだけ省いてくれるツールという位置づけでしょうか。2013年も利用する予定のお気に入りプラグインの一つになりそうです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事