新「はてなブログ」に Windows Live Writer を使って投稿する方法

スポンサーリンク

WordPress、MovableType 、FC2、ライブドアをはじめとするブログサービスにローカルPCから編集/投稿できるブログエディッタ「Windows Live Writer」(Micorosoft )で、新しくなった「はてなブログ」に投稿できるようになりました。早速その方法を以下に。

はてなブログ にWidnows Live Writter を対応させる方法


はてなブログ

はてなブログがSEOに強いことで非常に魅力的な無料ブログサービスとして登場しております。無料ブログサービスでダントツの人気が出るような気がします。

image

私はいつも 「Windows Live Writer 」(WLW) でWordPress仕様のブログに投稿していますが、今のところ快適です。

そんなブログエディタWLWに「はてなブログ」が対応しました。

はてなブログAtomPub APIを公開しました。サードパーティのブログ投稿ツールを利用・作成できます – はてなブログ開発ブログ

上の記事にあるように、はてなブログのエントリー用のエンドポイントが公開されました。

http://blog.hatena.ne.jp/{はてなID}/{ブログID}/atom/

さっそく設定してみます。

まず準備として、はてなブログへの投稿用エンドポイント(ルートエンドポイント)とAPIキー(パスワード)を、ブログの「設定」→「詳細設定」→「AtomPub」から調べてメモします。

image

以下の2つ(ルートエンドポイントとAPIキー)です。

image

さて、今度はWindows Live Writerの設定です。「ファイル」→「アカウント」→「追加」→「他のブログサービス」へ。

image

「ブログのアドレス」、「ユーザー名」に「はてなID」を、「パスワード」に上記で入手したAPIキーを入れます。

image

最後に「使用するブログの種類」で「Atom Publishing Protocol」を選択し、その下に上記で入手した「ルートエンドポイント」を記入。

image

めでたく自分の「はてなブログ」を検出できました。

2013-09-05_14h08_31

「次」へ。

2013-09-05_14h12_18

ブログのデザイン構成をWLWに移植するために、テーマをダウンロードします。

2013-09-05_14h12_44

ここでトラブルです。いくつかのテーマを変えながら試してみましたが、テーマのダウンロードは失敗しました。

WLWをテキストエディッタのようにして記事を作成して、PCから投稿可能になりましたが、デザインが反映されなので、記事を公開した時の様子を見ることができませんね。

「はてなブログ」側に改善の余地がありそうです。

以上、新「はてなブログ」にブログエディタ Windows Live Writer を対応させる設定方法でした。

「Windows Live Writer」使い方「目次」へ戻る

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事