「Windows Live Writer」使い方ー上級編(9)オリジナルHTMLタグ入力支援プラグインはアフィリエイトに抜群

スポンサーリンク

先回は「Windows Live Writer」使い方ー上級編(8)アマゾンのアフィリエイトリンク一発挿入プラグインの紹介でしが、今回はオリジナルのHTMLタグなどの入力機能や支援プラグインをご紹介します。

image

「Windows Live Writer」のソース編集でHTMLタグを直接入力するのも勉強になっていいですが、時間がかかりますし、間違えることも多いですね。そんな時に

「記事タグ」機能やプラグイン「Snippets Manager」が重宝します。オリジナルHTMLタグやアフィリエイトタグを挿入する場合に便利です。

シンプルなタグは「記事タグ」機能を活用

image私はテキストを強調する時は、強調タグ<strong>~</strong>は使わずに<b>~</b>を使っています。しかし、リボンのフォントのは<strong>です。

ですから<b>~</b>を使いたい時はソース編集して手入力しなければなりません。しかしHTML編集は苦手ですので、自動で入力するために、挿入の「記事タグ」機能を利用しています。

「記事タグ」は本来、hatenaやLivedoorなどの大手のブログサービスのリンクタグ用ですが、オリジナルタグを作成・挿入できる「プロバイダのカスタマイズタグ」があります。それをオリジナルタグとして大いに利用します。

タグの新規作成

では、オリジナルタグを新規に作成します。「挿入」→「記事タグ」→「タグ プロバイダー」の選択の最後に「プロバイダーのカスタマイズ」を押す。

image

「タグ オプション」の「追加」をクリック。 (ここで必要のないTechnoratiなどのタグは「削除」しておいても良いかも。)以下のように「プロバイダー名」には分かりやすい名前を。「タグのHTMLテンプレート」にスタートとタグ< >と終了タグ</ >を入れますが、必ず{tag}を中に入れます。「タグリストのHTLMキャプション」は{tag-group}を残します。最後に「OK」を入れると、新しいタグが追加されました。

image

使い方

使い方は簡単です。挿入したい場所にカーソルを置き「挿入」→「記事タグ」→「タグプロバイダー」の中の作成したタグ(強調<b>~</b>)を選択して、上記にテキストを入力します。最後に「挿入」ボタンを押して出来上がりです。

image

編集

再編集も簡単で、オリジナルタグ付きのテキストをクリックして選択すると、右にオプションが現れて再編集可能になります。

image

上記のオリジナルタグ作成は応用範囲が広そうです。自分のブログテーマ(デザイン)にマッチした HTML装飾 タグや、アフィリエイトリンクを挿入したりもできそうです。

スポンサーリンク

タグ入力支援プラグイン「Snippets Manager」

上記の方法では、入力部分が一つしかありません。アフィリエイトタグ(たとえばカテゴリ商品キーワードの指定)など入力部分が2つ以上あるタグは同時に作成できず、新しいタグを追加しなければません。

しかし、「Windows Live Writer」のプラグイン「Snippets Manager 」なら、2か所以上の記入部分を指定できます。これなら、上記のような2ヵ所指定型のアフィリエイトタグや、wordpressのプラグイン「Ktai Style」の携帯のみ出力とPCのみ出力タグで紹介した2つタグの挿入も一度で済ますので大変楽です。これはアマゾンアフィリエイトなどPCや携帯用タグが違う場合に用いる時に便利です。

インストール

このプラグインはSnippets Managerからダウンロード、インストールします。インストール後にプラグインを有効化するために、「Windows Live Writer」を再起動させます。

設定

タグ入力支援プラグイン「Snippets Manager」を使うために少し準備が必要です。

「挿入」→「Snippets Manager」→「File」→「Open」→「New Root Category」でトップカテゴリを作成します。

image

「Title」は「New Category」の代わりに分かりやすい名前に変更します。ここでは「PC,ケータイ用タグ」にしています。「Descripiton」はカテゴリの説明文です

image

次にタグのテンプレートを作成します。先ほど作成したカテゴリ「PC,ケータイ用タグ」を指定して、ツールの作成ボタンimageをクリック。「Title」にタグ名を記入、「Descripiton」はタグの説明文です。

image

「Design」に置換部分のテキストを含めたタグのテンプレートを記入します。置換テキスト(上記の例では「ここはPC」、「ここは携帯」)を置換部分として指定するために、カーソルで置換テキストを指定し、ツールボタンのimageをクリックしたら色が変化します。置換テキストの数だけ繰り返します。上の青で囲った部分です。最後に保存ボタンをクリックします。

使い方

では実際に使ってみましょう。下記のようにプラグインを表示させ、先ほど作ったタグTitle「PC,ケータイ用タグ」をクリックします。右の「Sento to Live Writer」をクリックします。置換部分「ここはPC」にPC用リンクを、「ここは携帯」にモバイル用リンクを挿入します。(下はアマゾンの商品アフィリエイトタグの例です)最後に「Add to post」をクリックして記事に挿入します。

image

以上のように、「Windows Live Writer」では様々なタグも簡単に挿入できるツールやプラグインがああります。他にもテンプレートプラグインなどがあり、かなり役立つものもあるようです。

「Windows Live Writer」使い方「目次」へ戻る