「Windows Live Writer」使い方-上級編(15)HTMLコードをワンクリックで貼り付けできるラグイン「コード左衛門」

スポンサーリンク

ブログ投稿ツールであるWindows Live Writer(マイクロソフト)で、HTMLコードをそのまま「編集」モードで貼り付けることができるプラグイン「コード左衛門」つ使ってみました。クリップボードに保存したアフィリエイトのリンクコードの貼り付けはワンクリックで済むのでかなり便利です。

image


WLWプラグイン「コード左衛門」

久しぶりに「Windows Live Writer」のプラグイン集を眺めていた時に発見したのが、この「コード左衛門」というプラグインです。

ダウンロードはWindows Live Writer Plug-ins – コード左衛門からどうぞ。

このプラグインを利用する前までは、Windows Live Writerで記事を執筆中に、アフィリエイトリンクなどのHTMLコードを入れて商品を紹介したい時に、以下の3つの作業工程が必要でした。

  1. 「編集」モードから「ソース」モードに変更し
  2. 挿入したい部分にカーソルを置き
  3. クリップボードから貼り付ける

しかし、このプラグイン「コード左衛門」なら、上記の1.と2.を省いて、「3.クリップボードから貼り付ける」だけでいいのです。

使い方

「コード左衛門」はインストールすればすぐに利用可能です。以下はAmazonの商品紹介リンクコードを入れる場合です。

まず、Amazondへゆき、紹介したい商品のアフィリリンクをクリップボードにコピー。

image

「編集」モードのまま、貼り付けたい部分にあらかじめカーソルを置いて「貼り付ける」(ペースト)だけ。

image

これによって、「編集」モードから「ソース」モードへ変更し、HTMLコード挿入場所を探す、という手間を省き、コンテンツ作成の労力を軽減できます。

image

また「回り込み」など自動装飾設定も可能です。その設定方法は、Windows Live Writerの「挿入」からプラグイン「コード左衛門」をクリックし、以下のように対象となるコードを貼り付けて、「左」「右回り込み」を選択します。

image

またここから「余白」や「Align」も設定できます。

image

さらに、HTML挿入コードの前後に入れる<HTMLタグ>などを設定して、単純なコード挿入作業を簡略化できます。(設定は「挿入」→「プラグインのオプション」で。)

image

上段に「挿入コードの先頭に入れたいコード」、下段に後ろに入れたいコードをあらかじめ設定しておきます。

image

ちなみにここから、ウィンドウの透明/半透明やクリップボードに対する挙動を設定可能です。

なお、プラグインの作者が コード左衛門 for LiveWriterサポートページ | 鍋風呂で詳しい紹介を書いておられます。

「Windows Live Writer」使い方「目次」へ戻る

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事