「Windows Live Writer」使い方ー上級編(10)複数のブログ管理やプラグインの設定をバックアップする

スポンサーリンク

先回は「Windows Live Writer」使い方ー上級編(9)オリジナルHTMLタグ入力支援プラグインはアフィリエイトに抜群 について紹介しました。今回は「Windows Live Writer 2011」で多数のブログを登録している場合や私のように沢山の便利なプラグインを使っている方に便利なバックアップソフト「Windows Live Writer Backup」をご紹介します。

image

このバックアップしてくれるフリーソフトがあれば、PCのクラッシュ・買い替え時にも復元が楽ちんです。

「Windows Live Writer Backup」

「Windows Live Writer 2011」にはバックアップ機能はありません。マイクロソフトも少し考えてくれたらと思うのですが、このフリーソフト「Windows Live Writer Backup」があれば心配ありません。

複数の登録ブログを管理している方はかなり重宝します。全てバックアップしてくれるのです。それだけでなく、プラグインやその登録情報・設定もバックアップ・復元してくれるのでかなり安心感があります。(ただし違うOSたとえばXPでバックアップしたものをVistaで復元はできません。)

インストール

このバックアップソフトのダウンロードとインストールはWindows Live Writer Backup の以下の部分からどうぞ。

image

スポンサーリンク

使い方

使い方は簡単です。デスクトップに現れた以下のアイコンをクリックするか、「スタート」→「プログラム」から「Windows Live Writer Backup」EXEを起動させるかしてください。

image

バックアップ

ではこのフリーソフトを用いて、バックアップしてみます。まずバックアップするデータの設定です。

「Settings」は全てにチェックします。つまりブログのログイン情報やテンプレート、登録リンクが含まれます。image

「Posts」は下書きの「Drafts」だけでいいかも。「Recent Posts」は最近の投稿ですから、必要ないでしょう。image

「plugins」の設定は「All Plugins」にチェックを入れます。image

最後にバックアップ開始するために、「Bacup」をクリックします。image

その際フォルダとファイル名を指定します。image

復元も簡単で、上記の「Restor」をクリックして保存しておいたバックアップファイルを指定して復元します。

「Windows Live Writer」は上記のように万が一に備えて安心して使える便利なブログ管理・投稿ツールですえね。

「Windows Live Writer」使い方「目次」へ戻る