RSS衰退でもブログで生き残るためにSNSとの連携を強化するためのチェック項目と施策

スポンサーリンク

Googleリーダー廃止の話題は、RSS衰退論やクラウドサービスに対する不信感にまで広がっています。そんな中、RSSに依存していきたブロガーたちは生き残りを図るべく策を講じる必要を感じているようです。今や情報収集ツールは、RSSリーダーからFacebookやTwitterなどのSNSにシフトする傾向が強まってくるという予測ですから、ブログとSNSとの連携を強化する必要がありそうですね。では、そのためのチェック項目とは?

情報収集ツールの変遷がブログへの流れを変える


RSS衰退か?

Googleリーダー突然の廃止予告で、Googleに対する風当たりが強くなっていますね。クラウドに依存するライフスタイルに対して不安を抱かせています。ですからGoogleがリリースしたばかりのクラウド型メモサービスである「Google Keep」への信頼は限りなくゼロで、いくら使い勝手が良くなっても主要なメモサービスとして利用したいと思わない人がほとんどらしいのです。

今すぐにRSSリーダーによる情報収集スタイルが衰退してゆくとは思いませんが、ネットユーザーはSNS中心型のアンテナに依存する傾向が大きくなるという予想は最もらしく感じます。

上記の傾向によって、ブログ運営をライフスタイルの中心に据えている人、とくにブログで生計を立てようと考えている人は真剣な対策を講じる必要性を感じています。

私もWordpress仕立てのブログを、SNSや他のソーシャルブックマークとの連携を強めるための様々な方法を模索してきました。その方法を2つの角度からまとめ、各々にどんなプラグインや連携方法があるかも過去のエントリーから掘り出しまとめてみました。

1.閲覧者に気軽にSNSでシェアしてもらう

これはシェアボタンをブログ記事の上下に入れることで成し遂げられますね。WordPressならプラグインを使えば簡単に共有ボタンを設置できます。

このブログでは、現時点で「WP Social Bookmarking Light」というプラグインを利用しています。これは簡単に、Twitter、はてなブックマーク、Facebook、ミクシー、LINEなど日本で盛んな共有サービスに対応しています。(詳細は万能なブックマーク追加ボタンwordpressプラグインの「WP Social Bookmarking Light」の使い方!|アマモ場

2013-03-25_14h01_32

2.SNSのフォロワーを増やし、新着記事を丁寧にSNSでシェアする

FacebookやTwitterのフォロワーを増やして、そこに新着記事の紹介とURLをツイートすることも一般的になされているブログへの流入を増やす施策です。これまで我がブログでも記事を更新する際に自動でTwitterへツイートしたり、ブログのFacebookページのウォールへ投稿する様々なプラグインを利用してきました。

ブログ専用のTwitterアカウントやFacebookページを開設

そのためには、準備としてブログ専用のTwitter公式アカウントやブログのFacebookページを開設する必要があります。

image

このブログのFacebookページ( Amamoba | Facebook )を例に挙げると以下の通り。(ダサい)

2013-03-25_14h25_05

またTwitterの公式アカウントはAmamoba (Ama119)です。(フォロワーが少ない。)

2013-03-25_14h25_41

フォロワーを増やそう

次にフォロワーを増やすための努力が必要です。

基本的にブログのサイドバーなどにFacebookとTwitterのフォローバッジを設置します。

2013-03-25_15h01_00

さらにブログのサイドバーにスクロールに追随するフォローバッジを表示させることができます。(WordPressのTwitterプラグインWP FollowMeを導入してみたよ!

2013-03-25_15h03_42

またFacebookは「Like Box」を利用できます。(Facebookファンページの作り方!ブログのFacebookページ作成し、ついでにLike Boxの作成!2013-03-25_15h03_12

更新情報を流す

さらに必要なのは、ブログ更新情報をSNSに流すことです。

Twitterへの同時投稿

Twitterへの同時ツイートはプラグインは沢山ありますが、以前はTwitterとWordpressの連携が面白い!プラグインTwitter tools のここが良かった!を利用していました。

またごく最近まではFacebookへの同時投稿ができるJetpackプラグイン内の「パブリサイズ共有」も利用したことがあります。

現在では、Twitter用のプラグインは利用していず、Windows Live Writer で新規投稿する際に、「Windows Live Writer」使い方ー上級編(7)Twitter関連のプラグイン「Twitter Notify」ハッシュタグ(#)入りでツイートしています。

Facebookへの同時投稿

Facebookは仕様の変更が激しいので、Facebookへの同時投稿するためのプラグインを沢山切り替えてきました。手動で行っていた時代もあります。以下の通りです。

しかし現在では、Jetpackプラグイン内の「パブリサイズ共有」を利用しています。これが最も信頼性が高く、エラーもありません。他のサービスと連携しなければ画像付きでFacebookページのウォールに投稿できないことはありません。

2013-03-25_15h17_03

他にも、様々なブックマークサービスへ自動登録することもできますが、上記の2つのSNS活用はRSS衰退に備えてブログ生き残りをかけた必須の対策と言えそうです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事