フェイスブックFacebookは米国ではGoogleを抜いてアクセNO1に、日本ではまだまだだろう!

スポンサーリンク

フェイスブックの躍進はすごいですね。アメリカ合衆国ではgoogleを抜いてアクセスランキング第一位になったようだ。

フェイスブックの躍進。米国ではgoogleを抜くFacebookだ。

しかし日本ではまだまだのようだ。その違いはどこにあるのか?私が思うにそれは一つ!個人の閉鎖か、オープンかという国民性にある。

長年鎖国をしてきただけに日本はTwitterのほうが性に合っているらしい!

ネット社会の鎖国の日本

個人情報、名前や出身地、メールアドレス、顔写真を平気で載せる人が多いアメリカ人はファイブックを活用することに対して抵抗がないのだろう。

しかし日本は違いますね。わたしもそうですが、顔写真どころか実名では登録していません。

プロフィールががらんとしているFacebook

まだまだその点では日本人はTwitterの領域を出ませんね。Twitterのほうが秘匿性がありますから。

しかしオープンなフェイスブックを活用しているアメリカでもネット被害が横行しているのも事実ですね。少し人気がでれば、かならず住所まで調べ上げる人がいるほどです。

日本でもそのようにしている人がいます。わたしが依然個人的な仕事のブログを立ち上げたら、徹底的にリンクを調べ上げて、どこに住んでいるかを指摘してブログ閉鎖を求めて脅迫されたことがあります。

IPアドレスを拒否しても、串を通して何度もサイトのコメント欄に投稿している人がいました。どうしてそんなことをして楽しいのか理解に苦しみます。

そんな人がいるから、いまだにフェイスブック(Facebook)になじめないのではなかな?と個人的に思います。

人気SNSの米Facebookが、米Googleを抜いて米国で最もアクセス数の多いWebサイトになった。調査会社Hitwiseが3月15日に報告した。

Facebook、Google抜き米国でアクセス数1位に(ITmedia News)

スポンサーリンク

フォローする

関連記事