今流行の「墓マイラー」とは?都内の著名人の墓一覧!

スポンサーリンク

「墓マイラー」が最近流行っているそうですが、いったいどんな人々だろう?どこがそんなに魅力的なのだろう?

image

NHKの大河ドラマ「龍馬伝」はかなりのブームでしたね。毎回のドラマの最後には、当日登場した幕末の志士たちゆかりの場所や建物を紹介するコーナーがありましたが、そのなかでしばしば現在まで存続する彼らのお墓も紹介されていました。

そのコーナーが取り上げらる毎に、お墓には多くの参拝客が訪れたと聞きます。有名人が眠る墓は、どこか魅力的なのでしょうね。(写真:京都の坂本龍馬の墓)

image

実は数年前から「墓マイラー」ブームらしく、日本中のとりわけ東京都内や京都内の著名人たちのお墓に連日のように人々が参拝しているそうです。

すでにお分かりの通り「墓マイラー」とは、(NHKのブラタモリのように)街歩きをして、過去の遺物を見学しながら、要所要所にある著名人たちのお墓にも立ち寄って、見学・参拝する趣向の人々らしいのです。しかし、最近では、熱狂的な「墓マイラー」というよりは、若者や家族連れなどの緩やかな「墓マイラー」も多いとか。歴史にゆかりのある著名人たちを身近に学べる格好の社会化見学かもしれません。

都内の著名人たちが眠る代表的な霊園

では、東京都内の街歩きも兼ねて、どんな霊園やお寺に著名人が眠っているのでしょうか?

染井霊園 岡倉天心、二葉亭四迷、、高村光太郎、若槻礼次郎など
多磨霊園 三島由紀夫、東郷平八郎、高橋是清、田河水泡など
谷中霊園 長谷川一夫、沢栄一、徳川慶喜、長谷川一夫、横山大観、など
慈眼寺 芥川龍之介、司馬江漢、谷崎潤一郎
禅林寺 太宰治、森鴎外など
青山霊園 大久保利通、尾崎紅葉、志賀直哉、乃木希典など
雑司ヶ谷霊園 夏目漱石、竹久夢二、ジョン万次郎、泉鏡花など

各霊園やお寺では「墓マイラー」たちのために、案内パンフレットを置いているところもあるようです。毎日jp

「古きを訪ねて新しきを知る」(「温故知新」)という言葉にもある通り、日本の歴史にゆかりのあり著名人たちのお墓の前で、かれらの偉業を振り返るのも、今の日本の姿や展望に思いをはせるのに一役買いそうです。そういう意味で「墓マラー」になってみるのもいいかもしれませんね。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事