「オーシャンローズ」(長崎ー上海航路)は格安の海外旅行になりそうだ!

スポンサーリンク

中国旅行が身近になるかもしれないニュースがあります。それは長崎は佐世保のハウステンボスのHTBクルーズが大型客船「オーシャンローズ」(OCEAN ROSE)を長崎ー上海航路に就航させ格安運賃で中国を身近にさせる計画らしいのです。

image

HTBクルーズの「オーシャンローズ」

ハウステンボスといえば九州のテーマパークの中でも最大の施設ですが、経営に行き詰まり株式会社エイチ・アイ・エスが経営再建の名乗りを上げ、ようやく赤字を脱出することになったのは周知の事実です。

image

エイチ・アイ・エスの澤田秀雄社長はかなりの敏腕ビジネスマンらしく、かなりのやり手。今回は中国からの旅行者を長崎に来てもらい、ハウステンボスにまで足を延ばしてもらおうと、HTBクルーズを設立。大型客船「オーシャンローズ」長崎ー上海航路を計画しているようです。

image

経営計画では、格安の船賃に設定予定、船の一泊は2000円にすると宣言しています。ですから上海ー大阪ツアー3泊4日でおよそ3万9千円と比較すると、かなりの低価格になり、大勢の中国人旅行客が来ることが想定されており、長崎のバス会社にも貸し切りバス一日通常6万円以上するところを4万円にするように協力を要請しているようです。

スポンサーリンク

日本からの船賃は?

では「オーシャンローズ」で日本人が中国(上海)へ旅行する場合はどうなるのでしょうか?一泊2000円とは言わないまでも、是非とも往復1万円は下回る料金は見込めるのではないかなと期待しているところです。

そうなれば、中国が日本とりわけ九州にとって身近な所になるに違いありませんし、プサン(韓国)ー福岡航路よりも安くなり、格安海外旅行になることは間違いありませんね。

image

なお、長崎ー上海航路に就航するこの船「オーシャンローズ」はギリシャの船舶運航会社から購入し、現在佐世保のドッグに入り、最終的な内装工事にとりかかっています。長192m、総トン数は約3万トン、さらに最大収容人数や約1700名可能だそうで、かなり本格的な大型客船だそうです。

計画では11月に試験的に長崎ー上海間を航行して、来年1月からの営業に備えるそうです。なお「オーシャンローズ」内には劇場があり、カジノができないか模索が続いていいるようです。

個人的には是非、この大型客船「オーシャンローズ」長崎ー上海航路を利用して上海に行き、天壇公園に行ってみたいと思っています。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事