熊本菓房の「花苗」(サツマイモスイーツ)は絶品でした!「花苗」や「茸月」(粒あんどら焼)は熊本のお土産!

スポンサーリンク

最近、熊本県の友人宅に遊びに行きました。各地を回りお土産までいただきました。その和菓子(スイーツ)があまりにおいしかったので、紹介します。

それは熊本菓房というお店の、サツマイモスイーツ「花苗」です。絶品でしたよ。

熊本菓房というお店の、「花苗」というサツマイモスイーツはかなり美味しい!

「花苗」熊本菓房のおいしさ

「花苗」は数あるスイートポテトの中でも、和菓子に近くて、バター臭くありません。かといってあまりにも甘いわけでもありません。このサツマイモスイーツ「花苗」は極めて和菓子に近く上品な甘さです。

個人的にはこのサツマイモスイーツ「花苗」はコーヒーに合うと思います。しかし、当然 緑茶に合います、緑茶が似合うのです。

熊本菓房のサツマイモスイーツ「花苗」はコーヒーに合う

スポンサーリンク

どら焼きの「茸月」(粒あんどらやき)

さらにこの熊本菓房では「茸月」(粒あんどらやき)というものもあります。これもまた絶品です。

これは熊本の名花である、肥後の芍薬の満月のような大輪の花をかたどって作られたどら焼きです。

熊本菓房では「茸月」(粒あんどらやき)

この「茸月」(粒あんどらやき)の皮がそこらのどら焼きと違うところです。しっとりとしているのです。程よい甘さで歯ごたえもある粒あんじ込みです。

「茸月」(粒あんどらやき)を食べていたら”どらえもん”の気持ちがなんとなく理解できます。

お取り寄せしても決して後悔しない味であることは請け合いです。熊本菓房のツマイモスイーツ「花苗」をどうぞご賞味ください。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事