一泊3000円以下のホテル・旅館の被災地支援プラン!災害ボランティアの活動拠点にぴったり!一泊1000円も

スポンサーリンク

東北地方太平洋沖地震の復旧支援が始まったばかりですが、多くの有志や団体が災害ボランティアを計画中で、一部すでに始まっていますね。しかしボランティアは基本的に自己責任が基本ですから、ホテルや旅館などの宿泊も自分で用意しなければなりません。

そこで地震による被災者支援に協力するホテルや旅館などの宿泊施設が通常の半額を大きく下回る一泊一人3000円以内の宿泊プランを用意始めました。中には一泊1000円もあります。宿の紹介サイト「じゃらんnet」です。

大地震の被災者支援の宿泊プランを提供するじゃらんnet

  • 3000円以内の被災地支援の宿泊プランとは?

3000円以内の被災地支援の宿泊プランとは?

今回の大地震の復旧を少しでも支援しようと、宿泊施設紹介サイト「じゃらんnet」を運営するリクルートの呼びかけで、被災地域を含めた82の施設が名乗りを上げました。3月17日時点で合計112の被災者支援プランが登場しています。(以下の画像はイメージです)

20110322154145

宿泊料金はどれも通常料金を大きく下回る一泊一人3000円以内がほとんどです。中には一泊1000円も登場。被災された方が一時的に避難する宿泊施設としてはもちろんのこと、被災地以外から支援目的のボランティアで利用するには最適かもしれません。(ボランティアとして現地に向かう前に地震の災害ボランティアの募集に備えて!を参照)

通常、宿泊施設が宣伝目的で「じゃらんnet」に掲載するためには、利用料金をリクルートに支払わねばなりませんが、今回リクルートは「東北地方太平洋沖地震 被災地支援プラン」を提供においては宿泊施設からは利用料は徴収しないとのことです。

それで多くの被災者地域、および周辺地域のホテルや旅館が「被災地支援プラン」を提供すると大変助かるようです。今後支援に賛同される宿泊施設が増えてプランもどんどん増加してゆくでしょう。ボランティアの方や被災者の方から感謝されると思います。image

ちなみに上記は千葉県の被災者支援プランですが、地魚と潮騒の宿 よしのやは一人1000円ですよ(2人で2000円)。場所は以下の地図の通りです。

 20110322152758

必要な方は以下の「じゃらんnet」の被災者支援の宿泊プランからどうぞ。
PCからは東北地方太平洋沖地震<被災者支援プラン>じゃらんnetへ。
携帯からはhttp://www.jalan.net/jalan/doc/s/theme/shien/index.htmlへ。

以上のように今回の大規模災害に関する支援の輪が益々広がることを願っています。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事