クラウド家計簿「Zaim」のWeb版で記帳が楽に!OCN家計簿との連携で口座自動引き落としまで自動記帳可能

スポンサーリンク

人気の家計簿アプリ「Zaim」のWeb版が登場し、PCで楽々記帳できるようなりました。同じくクラウド家計簿で銀行口座の明細を自動で取り込む「OCN家計簿」と連携しているので、かなり利用価値が上がったと思います。さっそく私も使ってみました。

web版家計簿「Zaim」のホーム


Web版クラウド家計簿「Zaim」

先日、家計簿アプリ「Zaim」がアップロードし、レシート情報をカメラで読み取る機能が追加されたのは記憶に新しいですね。レシート読み取りが可能になったアプリ「家計簿Zaim」とOCN家計簿で最強に!面倒だけどね

さらに今回「Zaim」がWeb版として登場。PCやタブレット端末のブラウザで快適に記帳や分析ができるようになりました。2つの入力方法(「キーボードモード」と「タップモード」)に対応し、タッチパネルのタブレット端末でも記帳しやすいようになっています

上記の画像は私のサイフから支出された買い物情報(レシート)をアプリで読み取った記録です。日ごとに集計して分析までしてくれています。(まだデータが少ない。)

「Zaim」の最大の強みとは

私が思う「Zaim」の最大の強みは、OCN家計簿 との連携でしょう。以下のようにクレジットカード利用明細や公共料金の銀行口座からの自動引き落し明細まで取り込んで、手入力をできるだけ避けることが可能になっていることろです。さらに万が一のために、データのエクスポートも備わっているのは安心ですよ。

image

Web版「Zaim」の記帳方法

さっそく「Zaim」に行ってアプリと同じIDとパスワードでログイン。使い始めは、基本的な使い方を教えてくれます。

まず簡単モードでの記帳は、右上「かんたん入力」からです。日付、金額、用途を記入して「入力する」をクリック。さすがに、Web版は見やすく、キーボードで簡単に行えます。スマフォアプリよりはるかに効率よく家計簿に記帳できます。

ちなみに詳細な記帳は「Zaim」のロゴ右の「家計簿を入力する」からどうぞ。

2013-05-09_11h49_37

毎月の予算を設定しておくと、当日にどれくらいお金を使えるのかや、月末までの残金なども一目瞭然で分かります。家計の浪費を防いでくれます。予算の設定などは右上の「設定」からどうぞ。

image

日ごとの集会は「HOME」の下部から確認できます。

image

履歴から日付ごとの集計を確認可能です。

image

「集計」からは当月の支出と予算のバランスなどを棒グラフで確認できます。家計簿「Zaim」が威力を発揮するのは、日ごと・月ごとに集計を確認/分析できるところです。この作業でお金を貯めやすくなります。

image

円グラフでも確認できます。

image

上記がWeb版が登場したクラウド家計簿「Zaim」でした。 

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事